Xiaomi Redmi Note 7は4800万画素カメラにスナドラ660を搭載して16,000円!注文がパンク状態に!

Pocket
Facebook にシェア

リーズナブルで実用的なスマートフォンが続々と登場していますが、スペック的に今一歩といったモデルが多いです。処理能力は高くても画面が小さかったり、電池容量が少なくて駆動時間が短かったり。もはやユーザーは、安いというだけでは満足しなくなりつつあります。これがスマホバブルを過ぎた過渡期というものでしょう。

その過渡期でも絶大な存在感を見せるXiaomiが、注目の最新モデル『Redmi Note 7』をリリースしました。

Redmi Note 7は6.3インチに大型ディスプレイを搭載。水滴型ノッチを採用しているので大画面を存分に楽しむことができます。6.3インチは、6インチサイズのスマホを使っていて少し物足りないと感じていた人にとって最適なサイズです。解像度はフルHD +(2340 x 1080)。

気になる電池容量は4,000mAh。3,000mAh台の電池を搭載している端末が多いので大容量の部類に入ります。電池容量が大きいということは、必然的に駆動時間も長めに。充電技術にもクイックチャージ4が採用され、大容量電池を素早く充電。ヘビーユーザーにも満足のいくスペックとなっています。

SocにはSnapdragon660を搭載。Snapdragon660はハイクラスなミッドレンジモデルに搭載されているSocで、Antutuのベンチマークは15万弱。ゲームも余裕でこなせるハイスコアです。ブラウジングや日常的な操作も超快適にこなすでしょう。

そして一番の目玉がカメラです。解像度は驚きの4800万画素。これは最強のカメラスマホと呼ばれているP20Ptoと同じです。これには1200万画素の画像を4枚合成するという独自の最新合成技術が使われています。

また、高感度撮影に優れたスーパーナイトモードを搭載。スーパーナイトモードにも高度なアルゴリズムを用いた合成技術が利用されており、その技術により暗がりでもノイズの少ないはっきりとした美しい写真を撮ることを可能としています。

どれをとっても合格ライン。スマホ好きが使い倒したくなるスペックです。そして価格設定がすごすぎる。3GB /32GBモデルが16,000円程度、4GB/64GBモデルが19,500円程度、6GB/64GBモデルが22,500円程度。一番スペックが高いモデルでもこの安さ。すでに注文が殺到していて中々手に入らない状態とか。1日も早く手に入れるために、今すぐ予約すべし!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.