meizu ZEROは充電ポートもSIMスロットも無い究極のシームレススマホ!

投稿日:

meizuが最新のフラッグシップモデル『ZERO』をリリースしました。

ZEROにはその名の通り、ポートが存在しません。つまり有線による充電は不可能です。究極のシームレスデザインを追求した結果としていますが、実用的なことを考えるとやりすぎ感は否めません。しかし、無線充電速度がある程度向上した今だからこそできるデザインなのかもしれません。

ちなみにワイヤレスの充電速度は18W。ここまで早ければもはやワイヤレスだけでも十分か・・・。しかし当面は、18Wの速度に対応した充電器を探すのが大変でしょう。

さらに、無いのは充電ポートだけではありません。SIMスロットもありません!つまりeSIMしか使えないということです。この仕様は、日本では残念ながらまだ実用的とは言えないですね・・・。

さらにZEROはディスプレイ内指紋認証を搭載。背面に指紋認証キーがなくなったことも、シームレスデザインを作り上げる上では大きな影響を与えています。

SocにはSnapdragon845。ディスプレイは6インチでフルHDを上回るQHD解像度の有機ELが使用されています。

もしかしたら使いづらいかもしれないですが、ものすごく興味を惹かれるコンセプトモデル的な『ZERO』。その見た目の美しさも含め、実機にお目にかかりたいものです!   

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.