meizu ZEROは充電ポートもSIMスロットも無い究極のシームレススマホ!

Pocket
Facebook にシェア

meizuが最新のフラッグシップモデル『ZERO』をリリースしました。

ZEROにはその名の通り、ポートが存在しません。つまり有線による充電は不可能です。究極のシームレスデザインを追求した結果としていますが、実用的なことを考えるとやりすぎ感は否めません。しかし、無線充電速度がある程度向上した今だからこそできるデザインなのかもしれません。

ちなみにワイヤレスの充電速度は18W。ここまで早ければもはやワイヤレスだけでも十分か・・・。しかし当面は、18Wの速度に対応した充電器を探すのが大変でしょう。

さらに、無いのは充電ポートだけではありません。SIMスロットもありません!つまりeSIMしか使えないということです。この仕様は、日本では残念ながらまだ実用的とは言えないですね・・・。

さらにZEROはディスプレイ内指紋認証を搭載。背面に指紋認証キーがなくなったことも、シームレスデザインを作り上げる上では大きな影響を与えています。

SocにはSnapdragon845。ディスプレイは6インチでフルHDを上回るQHD解像度の有機ELが使用されています。

もしかしたら使いづらいかもしれないですが、ものすごく興味を惹かれるコンセプトモデル的な『ZERO』。その見た目の美しさも含め、実機にお目にかかりたいものです!   

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.