Xperia 1はトリプルレンズ、4Kディスプレイ、スナドラ855搭載でSONYが放つ真のフラッグシップモデルに!

投稿日:

ソニーモバイルが最新のフラッグシップ機Xperia 1をリリースしました。

Xperia 1は4K解像度のディスプレイを搭載。前モデルとなるXZ2 Premiumと比較すると、画面サイズが5.8インチから6.5インチに拡大。ディスプレイ比率は21:9とかなり縦長に。4K解像度の恩恵は、画面サイズを大きくしたほうがコストは高くなりますが確実に受けられます。5.8インチだとほぼ分からないレベルだったでしょうが、6.5インチになればその美しさを体感できます(本当はタブレットサイズが望ましいですが)。

さらに、映像をハイコントラストなHDRにアップコンバートする独自機能も搭載。クリエイターモードも追加され、4Kの解像度も含め、ディスプレイのクオリティを極限まで高めています。

また、Xperia XZ2がカメラ性能としてはイマイチなデュアルレンズカメラだったのに対し、Xperia 1はトリプルレンズカメラを搭載。

解像度はそれぞれのレンズが1200万画素で、メインレンズが26mm(f1.6)、セカンドレンズが52mm(f2.4)、サードレンズが16mm(f2.4)となっていて、広角撮影に加え、ボケ味を活かした撮影も可能となりました。このあたりもXperia XZ2と比較して大幅な進化といえるでしょう。さらにイメージセンサーや画像処理エンジン性能も向上。暗所での撮影がさらに快適になりました。

SocはSnapdragon855を搭載。855を搭載した端末のリリースラッシュですね。個人的には845で満足してしまいそうですが。IP65/IP68の防水防塵性能も装備し、使い勝手は抜群です。

価格は6GB/128GBがヨーロッパで約12万程度。恐らく日本ではさらに高額になるでしょう。高い・・・やっぱりXiaomi Mi 9が欲しい。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.