Xperia 1はトリプルレンズ、4Kディスプレイ、スナドラ855搭載でSONYが放つ真のフラッグシップモデルに!

Pocket
Facebook にシェア

ソニーモバイルが最新のフラッグシップ機Xperia 1をリリースしました。

Xperia 1は4K解像度のディスプレイを搭載。前モデルとなるXZ2 Premiumと比較すると、画面サイズが5.8インチから6.5インチに拡大。ディスプレイ比率は21:9とかなり縦長に。4K解像度の恩恵は、画面サイズを大きくしたほうがコストは高くなりますが確実に受けられます。5.8インチだとほぼ分からないレベルだったでしょうが、6.5インチになればその美しさを体感できます(本当はタブレットサイズが望ましいですが)。

さらに、映像をハイコントラストなHDRにアップコンバートする独自機能も搭載。クリエイターモードも追加され、4Kの解像度も含め、ディスプレイのクオリティを極限まで高めています。

また、Xperia XZ2がカメラ性能としてはイマイチなデュアルレンズカメラだったのに対し、Xperia 1はトリプルレンズカメラを搭載。

解像度はそれぞれのレンズが1200万画素で、メインレンズが26mm(f1.6)、セカンドレンズが52mm(f2.4)、サードレンズが16mm(f2.4)となっていて、広角撮影に加え、ボケ味を活かした撮影も可能となりました。このあたりもXperia XZ2と比較して大幅な進化といえるでしょう。さらにイメージセンサーや画像処理エンジン性能も向上。暗所での撮影がさらに快適になりました。

SocはSnapdragon855を搭載。855を搭載した端末のリリースラッシュですね。個人的には845で満足してしまいそうですが。IP65/IP68の防水防塵性能も装備し、使い勝手は抜群です。

価格は6GB/128GBがヨーロッパで約12万程度。恐らく日本ではさらに高額になるでしょう。高い・・・やっぱりXiaomi Mi 9が欲しい。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.