Energizer Power Max P18K Popは極厚で18,000mAh!かなりしんどい重量級スマートフォン!

Pocket

弁当箱・・・ではなく、『Energizer Power Max P18K Pop』というスマートフォンです。どうしてこんな厚みになってしまったのでしょうか。それは誰もが予想できると思いますが、ありえない容量の電池を搭載しているからです。

電池容量は18,000mAh。スマートフォンに搭載されている電池容量としてはもちろん最大です。いくら電池の持ちが良いからと言って、この厚みは手に持った時にずっしりくるのは間違いなし。日常的に使いたいとはどうしても思えません。

Power Max P18K Popは電池容量の大きさ通り、48時間の動画再生に対応。背面には謎のトリプルレンズを搭載しています。

技術の無駄遣いとしか思えないポップアップフロントカメラまで・・・。

ディスプレイサイズは6.2インチでメモリー6GBにストレージは128GBです。異常な厚み以外のスペックが高いのには、どういった意図があるのかわかりません。

ちなみにフル充電には8時間かかるようです。やはり中々しんどい・・・。

もっとも、自然放電を考えても防災用途で考えれば非常に優れた端末だということは確か。それ以外での使用は中々厳しそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.