Power Director ULTRAを一番安く購入する方法はコレだ!

投稿日:

最近動画レビューをはじめようと思い、何の動画編集ソフトについて色々調べました。最初はAdobeのPremiereを買おうと思ったのですが、通常版は高すぎるというのと、廉価版のElementsだと機能が物足りなくなりそうです。そこで候補に挙がったのがPower Directorです。国内シェアナンバー1の人気と高いコスパが魅力のようです。レビューを見ると評価も上々。

STANDARD版が5000円程度という安さだったので、失敗しても大丈夫なようにそれを買おうとしました。しかしやはり機能が少ない。ワンランク上のULTRAにすべきか・・・。悩みました。ULTRAの価格は12500円程度。STANDARDと比較して2倍以上です。しかし機能はどう見ても充実しているし、Premiereと比較すると圧倒的に安い・・・。

悩みながらさらに調べていると、ULTRAには『乗り換え版』というのが存在するらしいのです。他の動画編集ソフトを使っている人に向けたまさに乗り換え特別バージョン。そしてよくよく見ていると、この乗り換え版は、乗り換え前のソフトが入っていなくても使えるらしい・・・。価格はAmazonでパッケージ版が7500円程度。STANDARDに近い価格です!実際本当に使えるかは定かではないのですが、人柱覚悟で購入してみました!届いたので、実際使えるかどうか試してみたいと思います・・・。

 

1.パッケージ版(DVD)でもドライブの必要は不要!

最近はディスクドライブ非搭載のパソコンが増えています。私も買ってから気づきましたが、うちにはドライブがありませんでした。読み込めないじゃんどうしよう・・・と頭が真っ白になりましたが、開封して一安心。ちゃんとデータをダウンロードしてインストールする方法が書かれていました。

2.オンラインでメンバー登録を行う

CyberLink メンバーサイト

CyberLink メンバーサイトへようこそ。本サイトではCyberLinkメンバーの各種設定の変更やサポートからの回答を確認できます。

上記のアドレスにアクセスし、メンバー登録を行う必要があります(ちょっと面倒くさい)。登録を終えると認証メールが届くので、認証を完了させてください。

3.付属書類に記載のアドレスにいきサインイン

https://jp.cyberlink.com/event/ds7/digitalcopy

上記アドレスをクリックし、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してサインイン。

4.プロダクトキーの入力

次にプロダクトキーの入力です。プロダクトキーはDVDを包んでいる紙に記載されています。入力を終えサインインを押すとダウンロード画面に切り替わります。

5.インストーラーのダウンロード

ダウンロードを押すと、インストーラーのダウンロードが開始されます。プロダクトキーの入力から30日間以内が有効期限となるので、期限を過ぎないように注意しましょう!

6.データのダウンロードからインストール

恐らくダウンロードフォルダに保存された『ApplicationManager』をクリックし、インストールを開始します。

途中でサインイン画面があらわれるので、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力します。サインインするとアプリケーションデータのダウンロード画面が!ダウンロードボタンを押してダウンロードを開始します。

データのダウンロードを終えると、ボタンが『インストール』にかわるのでクリック。

ここまで『乗り換え版』としての入力項目は何一つありませんでした。そして気づいたらインストールが終わっていました!

もちろん普通に起動して使えます!つまり・・・そういうことのようですね。理解した人はこっそりコレを買ってください!

 

サイバーリンク PowerDirector 17 Ultra 乗換え・アップグレード版の購入はコチラ

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.