海外では電動トライクのシェアリングが大流行の兆し!

投稿日:

Pocket

出川哲朗の充電させてもらえませんか?でも使われている電動バイクですが、海外で今後人気が沸騰しそうなのは3輪タイプの『トライク』。

トライクは最高時速40km/hのスピードを出すことができ、1度の充電で約65kmの走行を可能とします。街乗り用にはまさに最適なスペック。そして3輪の安定性を活かし、二人乗りすることも。

そしてメイン市場は販売ではなくシェアサービス。日本では自転車や車のシェアが徐々に広まりをみせていますが、トライクというか、バイクさえ見かけません。単純にトライクに乗ってみたいというのもありますし、坂道が多い場所では自転車より圧倒的に利便性が高いです。また、トライクであれば高齢者でも安心して運転することができるでしょう。

『電動トライクシェアリング』。今後日本でも注目されるサービスの一つですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.