Xiaomi Redmi 7はエントリーからミドルレンジまで選べるニューモデル!

Pocket

XiaomiはエントリーミドルレンジとなるRedmi 7を3月8日にリリース予定。

Redmi 7は水滴型の極小ノッチに6.26インチの大画面ディスプレイを採用。Xiaomiブランドであればコレだけで欲しくなってしまいます。解像度はHD+ですが、電池の持ちは良くなりますし、XiaomiのディスプレイはHD+でも十分綺麗です。さらにバッテリー容量が3,900mAhと大容量なので、電池の持ちは間違いなく、尋常じゃなく良いです。

背面にはデュアルレンズカメラ。低価格帯のスマートフォンにも当たり前のようにデュアルレンズが搭載されるようになりました。そしてXiaomiクオリティであれば、画質の心配をする必要がないのも欲しくなる大きなポイント。

SocにはSnap dragon632を搭載。え…Socだけ見ると完全に純粋なミッドレンジクラスですね。ただしラインナップはメモリー2GB〜4GB、ストレージ16GB〜64GBと幅広いです。エントリーモデルかミッドレンジモデルかを選べる構成。

価格はまだ公表されていませんが、2GBモデルはエントリークラスの1万円台前半でリリースされる事でしょう。スタミナスマホ並みの電池持ち、大画面ディスプレイやデュアルレンズカメラ目当てで買うには、かなりお買い得なモデルになりますね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.