Xiaomi Redmi 7はエントリーからミドルレンジまで選べるニューモデル!

投稿日:

XiaomiはエントリーミドルレンジとなるRedmi 7を3月8日にリリース予定。

Redmi 7は水滴型の極小ノッチに6.26インチの大画面ディスプレイを採用。Xiaomiブランドであればコレだけで欲しくなってしまいます。解像度はHD+ですが、電池の持ちは良くなりますし、XiaomiのディスプレイはHD+でも十分綺麗です。さらにバッテリー容量が3,900mAhと大容量なので、電池の持ちは間違いなく、尋常じゃなく良いです。

背面にはデュアルレンズカメラ。低価格帯のスマートフォンにも当たり前のようにデュアルレンズが搭載されるようになりました。そしてXiaomiクオリティであれば、画質の心配をする必要がないのも欲しくなる大きなポイント。

SocにはSnap dragon632を搭載。え…Socだけ見ると完全に純粋なミッドレンジクラスですね。ただしラインナップはメモリー2GB〜4GB、ストレージ16GB〜64GBと幅広いです。エントリーモデルかミッドレンジモデルかを選べる構成。

価格はまだ公表されていませんが、2GBモデルはエントリークラスの1万円台前半でリリースされる事でしょう。スタミナスマホ並みの電池持ち、大画面ディスプレイやデュアルレンズカメラ目当てで買うには、かなりお買い得なモデルになりますね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.