8400円で買えるスマホ 『Xiaomi Redmi Go』でPUBGを遊ぼうとした結果!

投稿日:

Xiaomiが発売した1万円を切るスマートフォン。それが『Redmi Go』です。

Redmi Goは5インチのHD解像度ディスプレイを採用。SocにはSnapdragon425を搭載しています。電池は3000mAhとここまではまあ普通のスペック。逆に1万円でおつりがくるのは信じられないレベルです。しかしメモリー1GBにストレージ8GBと聞くとまともに動くのか!?と突っ込みを入れたくなるレベル。

そのRedmi GoでPUBGをしてみたらどうなるか。

ものすごく急こう配な坂道を、50CCの原付で二人乗りして上るより恐らく無茶なことです。でも実際どうなるのか試してはみたい。実際にPUBGをRedmi Goにダウンロードして起動してみると予想だにしない結果が・・・・。

そうです。PUBGをプレイするには最低2GBのメモリーが必要。そもそもスペック不足により起動すら出来なかったのです。これは残念・・・。しかし軽量版のPUBG LiteがリリースされたらRedmi GoでPUBGを遊べるかもしれません。そこまで無理にこの端末でゲームをする必要は無いと思いますが!ちなみにAsphalt 9はDLすら不可。

ありえない安さで購入できるスマートフォン。あまり無理をさせてはいけません。サブ機として、もしくはたまにネットする電話機として購入しましょう!それなら十二分にお買い得で満足できる端末です。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.