ハイパーガジェットチャンネル

nova lite 3 ベンチマークテスト! Antutu/PCMark/3DMark/Geekbench4

Pocket


SIMフリースマートフォンで絶大な人気を誇るP20 Lite。その後釜的な存在がnova lite 3です。先日実際の後継機となるP30 Liteがリリースされましたが、日本で発売されるとしたらトリプルレンズ仕様というスペックから、当面は安くても3万円程度するでしょう。そうなるとドンピシャな新モデルはやはりnova lite 3になります。水滴型ノッチの大画面。きらびやかで高級感のあるデザイン、優秀なKirin 710搭載。電池持ちも素晴らしい。SIMフリースマホナンバー1の座を狙うnova lite 3。その実力よいかに!

nova lite 3ベンチマークテスト結果

nova lite 3に搭載されているSocはKirin 710。Huaweiのミッドレンジクラスのスマートフォンに積極的に搭載されているSocです。AI性能や電力効率の評価が高く、安っぽい印象は一切ありません。実際にベンチマークでどれほどのものなのか測ってみたいと思います!

Antutuのベンチマークトータルスコア

Antutuのトータルベンチマークは13万弱!少し前のミッドレンジクラスと言えば7~8万程度のスコアだったので、このスコアが十分に高いことがわかります。GPUが少し弱めですが、nova lite 3はGPU TURBOに対応しています!それを踏まえればものすごくバランスのとれた、優等生モデルだということがスコアで証明されました!

Antutuベンチマーク CPUスコア

【CPUとは】人間でいうと脳の部分です。CPUのスコアが高ければその端末は思考能力が高いということになり、複雑な処理も素早くこなします。

CPUスコアは5万台中盤!Kirin 710の処理能力の高さがよく表れています。日常的な利用では快適にサクサク動作。P20 Lite と比較すると、動作の軽快さを体感できるレベルです。

Antutuベンチマーク GPUスコア

【GPUとは】3Dなどの重いデータを処理するときに、CPUを助ける役割をしているのがGPUです。GPUのスコアが高いとCPUの負荷をうまく分散させることが出来るので、動作はより快適になります。

GPUスコアは他のスコアと比較すると正直低めです。元々ゲームに弱いとされているHuawei端末。やはりきびしいのか・・・とがっかりすることはありません。なぜならnova lite 3はHuawei の独自機能である『GPU TURBO』に対応しています。GPU TURBOによりGPU性能や電力効率がアップ。GPU TURBO使用時にベンチマークが測れないのが非常に残念!

 

Antutuベンチマーク UXスコア

【UXとは】総合的な端末に対する使いやすさや満足度を数字で表しています。どういった用途で端末を選ぶかにもよりますが、何も分からずに判断基準が無い場合はUXスコアの高い端末を選ぶと良いかもしれません。

UXスコアは優秀。確かに使っていて不満を感じる瞬間はほぼありません。縦に広い画面の動きは滑らかでサクサク。ニュースやSNSの閲覧にはまさに最高の端末かもしれません。P20 Liteを持っている人は是非一度実機を触ってほしい!絶対に欲しくなりますから!

 

Antutuベンチマーク MEMスコア

【MEMとは】一時的なデータの書き込みと読み込みを行うためのRAM(俗にいうメモリー)と保存するためのROM(俗にいうストレージ)の速度を数値で表しています。沢山のアプリを一度に立ち上げたり、データの読み書きを頻繁に行うような使い方をする場合にはMEMの数値が高いものを選びましょう。

平均的なレベルのメモリースコア。nova lite 3のメモリーは3GBなので、アプリを同時に沢山立ち上げるのにはあまり適していません。そこまで神経質になる必要はありませんが、気づいたらメモリークリアを行いましょう。

 

実機を使って検証したベンチマークランキングはコチラ

 

PCMark Work 2.0 battery life

WEBブラウジングや画像の加工など、日常的に多く行われている作業をしつづけたと仮定して、電池が100%から20%まで減る時間を計測。表示された時間+残り20%は駆動するということです。

計測結果はほぼ13時間!残り20%残しての結果なので、15時間オーバーは手堅いでしょう。これはスタミナスマホレベルの電池持ち!3400mAhという電池容量を考えると、素晴らしい電力効率の良さ。モバイルバッテリー要らずですね。

 

3DMarkベンチマーク

nova lite 3のIce Storm Unlimitedスコアは1万6千程度。Nexus 5Xなどと同等のスコアなので、少し低めですね。しかしGPU TUBOにより3D性能はアップ。どこまで潜在能力が引き出されるか。

 

 

 

 

Geekbench 4 ベンチマーク

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, HUAWEI, Kirin710, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ファブレット, ベンチマーク, 総合レビュー
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信