Nokia X71はNokia初のパンチホールディスプレイ搭載!Zeissのトリプルレンズで他社と差別化!

Pocket
Facebook にシェア

HMD Globalは、Nokia Xシリーズの新型、『Nokia X71』を台湾でリリースしました。

Nokia X71は、Nokiaとしてははじめて6.39インチのパンチホールディスプレイを搭載。パンチホールに備えられたフロントカメラは1600万画素。画面占有率は93%となり、ほぼ全面がタッチスクリーンとして機能します。


リアカメラは最近どのメーカーからも大人気で高解像度に対応したSONYのセンサーを搭載。トリプルレンズ仕様というだけでなく、Zeissブランドを採用するのがNokiaの強み。メインレンズはセンサー性能を活かし4800万画素の超高解像度。セカンドレンズには800万画素の広角レンズ。サードレンズは被写界深度センサーを搭載した500万画素という構成。

ここまでハイスペックを貫いているので、SocがSnapdragon660というのはやや残念。しかしOSにはAndroid Oneが採用され、Pixelシリーズのように無駄のない環境が楽しめるのと、今後のアップデートも保障されています。

Nokia X71は6GB/128GBモデルが43000円程度とかなり高めな価格設定。いくらZeissのトリプルレンズとはいえ、Redmi Note 7などと比較するとかなり厳しいかもしれませんね。台湾で4月10日から発売開始です。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.