『Air Pods 2nd』と『Powerbeats Pro』はどっちを買うべきか?デザインと性能から比較!

Pocket


Appleは『Air Pods 2nd』をリリースした直後に『Powerbeats Pro』をリリース。同じサウンドチップH1を搭載している2つのイヤフォン、どちらを購入するのがベストなのでしょうか。

デザインの違いについて

Powerbeats ProAir Pods 2ndの明確な違いと言えばまずはデザインです。Air Pods 2ndのデザインは1stモデルと変化がありません。なので、Air Podsのデザインを受け付けないという人にとっては、そもそも選択肢から外れます。

一方のPowerbeats Proはイヤーフック式でさらにインナー式。Air Podsのように耳から落ちてしまうという可能性はほぼゼロ。ワークアウトやトレーニング時にもガンガン使えます。さらにPowerbeats Proには物理的なボタンが搭載され、iPhoneが無くても音量の調節や再生停止を行うことが可能に。Air Podsもタップジェスチャーにより基本的なコントロールはサポートしますが、物理ボタンの快適さにはどうしても敵いません。

ケースサイズの違いは明確で、Powerbeats Proの方が圧倒的に大きいです。それでも前モデルからは23%小さく、17%軽くなっているので、単純なモデルチェンジとしては評価すべきところでしょう。しかしケースサイズが気になるようであれば、やはり選択肢はAir Podsとなります。

また、Powerbeats Proは汗や水が本体にかかるようなシチュエーションでも『最適な性能』を発揮できるように設計されています。つまり防塵防水性能であれば明らかにPowerbeats Proが上。耳から外れにくいという以外にも、選ぶべき特長の一つです。ワークアウトやトレーニング時での使用を考えると、やはりPowerbeats Proを選ぶことがベストと言えるでしょう。

さらに、2つのモデルで大きな差が出るのがカラーバリエーションです。Air Podsはサードパーティーのカスタマイズモデル以外だと、ホワイトしか色の選択肢がありません。Powerbeats Proのカラーバリエーションは4色。どうしてもホワイトが嫌だという人は、必然的にPowerbeats Proか。

Air Pods 2ndを選ぶべき人

圧倒的にシンプルでケースサイズも小さいAir Pods 2nd。Siriによるコントロールも追加されたので、無駄を好まない、シンプルイズベストな人にオススメ。カラーバリエーションがホワイトに限定されるのもその理由の一つとなりそうです。

Powerbeats Proを選ぶべき人

装着感と耐水性脳、物理的な操作性で言えば圧倒的にPowerbeats Proが優勢。ワークアウトやトレーニング、アウトドアといったシチュエーションでガンガン使いたいという人には間違いなくPowerbeats Proがオススメ。カラーバリエーションも豊富なので、トレーニングウェアとのコーディネートもしやすくなります。

バッテリー性能

今回のAir Podsのアップデートでスペックアップされず、不満の声が多くみられる一つがバッテリー性能の向上です。Air Pods 2ndが前モデルと同じく連続駆動時間5時間なのに対し、Powerbeats Proは9時間。約2倍近い性能差です。もっとも、ケースで充電することを前提とすれば、どちらも24時間の利用が可能。充電する回数が増えても大丈夫という人にとってはどちらも大差が無いということになります。

急速充電については、Air Pods 2ndが15分で3時間の再生が可能になるのに対し、Powerbeats Proは5分の充電で最大1.5時間、15分で4.5時間の再生が可能になります。どちらもかなり優秀であることは間違いありませんが、ここでもPowerbeats Proがやや優位なカタチとなりました。

また、ケースを充電する方式については、Air Pods 2ndにワイヤレス充電対応モデルが用意されているのに対し、Powerbeats Proには同様のモデルはありません。今後iPhoneの新型が発売され、双方向充電が可能になった場合、この部分は選ぶべきポイントになるかもしれません。

Air Pods 2ndを選ぶべき人

連続して5時間以上音楽を聴き続ける人は、実際少ないかもしれません。聴き終わったらケースにAir Podsを戻すだけ。そうすればあっという間に充電は完了しています。また、ワイヤレス充電対応ケースモデルに関して言えば、今後iPhoneのアップデートにより、双方向充電が可能になるという大きなメリットがあります。先を見据えればこの点はかなり魅力的。

Powerbeats Proを選ぶべき人

連続駆動時間9時間というのはやはり圧倒的に便利。例えば通勤から仕事中までずっと音楽を聴いていたい、という人や、1日かけてじっくりワークアウトしたいという人であれば選ぶべき価値は大いにあり。わざわざケースに戻すのが面倒という人も意外と多いので、そんなめんどくさがり屋さんでも電池切れの心配が無いのは大きなメリット。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.