ガジェット好きはPocophone F1を絶対に買うべきでは無い理由

私はHonor Note 10をメイン端末として利用していました。7インチ近い最高の画面サイズ。Kirin 970による何の不満も無い処理速度。そしてカメラ性能も抜群。しかし自分の中でちょっとした違和感がありました。それは『日常使いにはちょっと良すぎるかも』という感覚。

これは人によって感じる部分が全く違うでしょう。最新のiPhoneに魅力を感じない一番の理由は『高すぎるから』。それだけです。Honor Note 10は『高すぎる』ではなく『良すぎる』という理由。何とも贅沢な悩みではありますが、『良すぎる』から日常的に使いたくないという・・・。

そんな時所有するようになったのがPocophone F1です。最初はHonor Note 10の画面の大きさに慣れてしまっていたので、違和感がハンパ無かったです。ズルトラ難民になった時と同じ感覚。あぁ・・やはり小さいサイズには戻れないのか・・・という絶望感。しかしその絶望を打ち砕いてくれたのがPocophone F1の快適さです。

Snapdragon845を搭載しているので処理速度がとにかく早い。レスポンスがとにかく良いのです。

そしてビックリしたのがカメラ性能。素早いアップデートにより、性能を進化させていくのもPocophone F1の特長で、それがカメラにも適用。

今では960fpsの超スローモーション動画が撮れたり、ベータ版状態であれば4K/60fpsの撮影にも対応しています。

https://twitter.com/hypergadgets7/status/1111853672227495937

https://twitter.com/hypergadgets7/status/1109380162737463296

 

赤外線技術を使用した顔認証技術も、快適さをアップさせている要因のひとつ。暗めの場所だとどうしても指紋認証に頼りがちになるのですが、赤外線技術を使用してる場合、問題なくロック解除してくれます。花粉症の時期はマスクをしていたので辛かったですが、そこも過ぎればまた超快適なスピード顔認証が復活します。そういえばペットとお話しできるようにもなるみたいです。

アップデートによりGAME TURBOモードも提供。もはやボランティア状態に突入。

そしてこの『超快適さ』の満足度を極限まで高めているのが『コスパ』です。最新のiPhoneを使いたくない一番の理由は『高すぎるから』。しかしその真逆に位置するPocophone F1は『安すぎる』。つまり『コスパが良すぎる』訳です。『良すぎる』ではなく『コスパが良すぎる』端末を使っているという満足感、それは画面サイズという物理面を凌駕しました。

しかし逆に言えば、他に使いたい端末が無くなってしまったのです。ガジェット系のブログを運営する立場として、これはとても大きな問題に。私と同じようなガジェット好きは、Pocophone F1を使わないでください。他の端末を使いたく無くなってしまいますから!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Poco F1, Pocophone, SIMフリー, Snapdragon845, XIAOMI, Xiaomi Pocophone, Xiaomi Pocophone F1, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, ,