Xiaomi Redmi Note 7の耐久性がありえないレベルに到達!これはG-SHOCKならぬG-PHONEだ!!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiがリリースして売り切れ状態のRedmi Note 7。私も注文して2週間以上経ちますが、未だに発送通知すら送られてきません。ものすごい人気です。そんなRedmi Note 7の新たなPR動画が公開されました。それは耐久性を試すもの。

動画の流れはこうです。

包丁できゅうりと一緒に切る

思い切り上から座る(これで私は2回ディスプレイを割りました)

くるみをたたき割る(正気とは思えません。)

ヒールで踏みつける

スイカを叩き落す(他のと比べると大分マイルドに感じられます)

スイカをたたき割る

靴やヒールで散々踏みつける(ディスプレイが割れてないのが本当に信じられません)

机の脚で思い切りつぶす(重力的なものはこれが一番かかってそうです。しかし割れてません)

野菜や果物を切る時のまな板替わりに(耐水性も試してるのか?)

楽器の代わりとして板に何度も叩きつけて音を鳴らす(もはや何をしたいのか謎)

動いていることを確認

やりすぎと感じるくらいRedmi Note 7をボコボコに扱っています。なぜこれほど乱暴に扱って壊れていないのか正直謎。ゴリラガラスの進化によるものなのか?それとも分厚いガラスが使われているのか?

実際に手に入れて同じことをしようとは絶対に思いませんが、ちょっとやそっとのことで壊れない強度を持ち合わせていることは確かでしょう。詳しくは動画を実際にご覧ください!

Mi

Can't get enough of the #RedmiNote7 durability challenges? Here's another round. Shot by Mi employees around the world! #48MPforEveryone

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.