Galaxy A90は謎の『ホップアップ回転式カメラ』を搭載

投稿日:

Samsungが『ホップアップ回転式カメラ』を搭載すると噂されている謎のスマートフォン『Galaxy A90』を開発中。

Galaxy A90は目玉機能として、『ホップアップ回転式カメラ』を搭載するとされています。ホップアップ回転式というのがどんなものなのか実物を見ないとよく分からないのですが、例えば『レンズが回転してフロントカメラとしてもリアカメラとしても使える』『フロントカメラを回転させることにより、リアカメラがトリプルレンズになる』などといったことでしょうか。これらがもし実現するのであれば、相当面白い目玉になると個人的には思います。レンズは4800万画素(F2.0)+800万画素(F2.4)+ ToFセンサー。メインレンズがF2.0と大したことないところを見ると、ホップアップ回転式カメラにそこまでの期待は持てませんね。

基本性能としては、SocにQualcomm のSnapdragon7150を搭載。一桁間違えてるんじゃないか?と思いましたが、これはどうやらSnapdragon 710の後継モデルのようです。となるとAntutuスコアは20万近くなることが期待できます。ついにミッドレンジモデルも20万を超えるのか・・・。信じられません。

ディスプレイは6.7インチサイズで、Samsungなのでもちろん自社の有機ELを採用。ホップアップ回転式カメラを搭載することにより、ノッチやパンチホールが存在しないフルディスプレイデザインになる見通し。最新のインフィニティディスプレイもお目見えすることになるでしょう。

充電はPD対応で最大25Wの超急速充電が可能。電池容量は3700mAhと普通サイズなので、一瞬で充電は終わります。

Galaxy A90のリリースは4月10日とあと少し。『ホップアップ回転式カメラ』の正体が明らかに!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.