P30 Proは超望遠なのになぜ出っ張りが少ないか?ペリスコープ技術がすごすぎる!

投稿日:

Pocket

Huawei P30 Proに搭載された10倍ズーム。10倍はアルゴリズムを利用したシステム重視のズームだとしても、5倍までは光学ズーム。物理的にレンズを重ねたロスレス望遠機能です。

通常光学ズームを搭載すると、iPhone Xs(光学2倍ズーム)のようにレンズ部分に出っ張りが生じます。他の光学ズーム搭載端末もそうです。

P30 Proのレンズ部分も確かに出っ張っています。完全にフラットな状態ではありません。しかし出っ張り具合で言えば、iPhone Xs以下。それでいて5倍の光学ズームというのは物理的にありえない話なのです。

詐欺なのか。いえ、そうではありません。P30 Proの5倍光学ズームには、スマートフォンカメラ初となるペリスコープ技術が使われているのです。

ペリスコープとは、潜水艦が外をのぞくために作られた潜望鏡という類のもの。潜水艦からレンズを突き出すと、真上の景色しか見えません。潜望鏡は鏡に景色を反射させ、普通では見えない角度のものを見えるようにしてくれます。

潜水艦の技術がP30 Proに使われていたとは。ちなみに内部はこんな風になっています。中にレンズが埋め込まれていたとは・・・二重に驚きです。この発想凄すぎる。

Oppo Renoにも10倍ズームが搭載されるとのことですが、同様のペリスコープ技術が使われるのか。はたまた全く別の技術が登場するのか!まだまだ進化が止まらないスマホカメラ。しのぎを削った攻防戦が続きます!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.