P30 Proは超望遠なのになぜ出っ張りが少ないか?ペリスコープ技術がすごすぎる!

Pocket

Huawei P30 Proに搭載された10倍ズーム。10倍はアルゴリズムを利用したシステム重視のズームだとしても、5倍までは光学ズーム。物理的にレンズを重ねたロスレス望遠機能です。

通常光学ズームを搭載すると、iPhone Xs(光学2倍ズーム)のようにレンズ部分に出っ張りが生じます。他の光学ズーム搭載端末もそうです。

P30 Proのレンズ部分も確かに出っ張っています。完全にフラットな状態ではありません。しかし出っ張り具合で言えば、iPhone Xs以下。それでいて5倍の光学ズームというのは物理的にありえない話なのです。

詐欺なのか。いえ、そうではありません。P30 Proの5倍光学ズームには、スマートフォンカメラ初となるペリスコープ技術が使われているのです。

ペリスコープとは、潜水艦が外をのぞくために作られた潜望鏡という類のもの。潜水艦からレンズを突き出すと、真上の景色しか見えません。潜望鏡は鏡に景色を反射させ、普通では見えない角度のものを見えるようにしてくれます。

潜水艦の技術がP30 Proに使われていたとは。ちなみに内部はこんな風になっています。中にレンズが埋め込まれていたとは・・・二重に驚きです。この発想凄すぎる。

Oppo Renoにも10倍ズームが搭載されるとのことですが、同様のペリスコープ技術が使われるのか。はたまた全く別の技術が登場するのか!まだまだ進化が止まらないスマホカメラ。しのぎを削った攻防戦が続きます!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

MediaTekが6nmのDimensity 1200/1000をリリース!Realmeが搭載モデルのリリースを告知!

昨年QualcommからSocの世界シェア第1位を奪還したMediaTekが、最新モデル『Dimensity 1200』『Dimensity 1100』をリリースしました。両モデルはこれまでMedia ...

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.