進化するスマホの形状に合わせてケースも変化!Galaxy A80だとこんな感じ!

Pocket
Facebook にシェア

進化するスマートフォンのデザイン。先日リリースされたばかりの『Galaxy A80』もその一つです。

スライドに加えてカメラが回転するという変わり種。スライド機構がつくとケースによる全面保護はほぼお手上げ状態に。ケースにも可動部分をつけるか、別途フィルムをつけるしかないです。

https://twitter.com/hypergadgets7/status/1115995771747295234?s=19

Olixarのケースはスライド部分をあきらめた、ある意味潔いスタイルのケース。本革で差別化を測ることで、守るという本来の価値での物足りなさをうまくカバーしています。色も素材もツートンになるので見た目はオシャレですね。

別パターンはお決まりのクリアケース。こっちは本体の色がそのまま楽しめるベーシックなもの。

しかしやはりむき出しの部分は気になります。高価な端末であれば尚更ですね。

今後は端末の進化に合わせてアクセサリーメーカーも対応に迫られることになるでしょう。どんな形状が登場するのか、そちらも楽しみです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.