Huaweiの独自OSが始動間近!『Kirin OS』がAndroidとiOSに挑戦状!

Pocket
Facebook にシェア

サヨナラ『Android』、ハジメマシテ『ARK OS』がめちゃくちゃ現実的だった

続きを見る

スマホ用独自OSの開発。たまに聞きますね。有名どころでは、ブラウザで有名なFirefoxがFire OSを開発し大失敗に終わりました。パソコンで覇権をとったWindowsですら、スマホOSでは締め出されてしまいました。つまり開発は相当難しいということです。そんな超難関に挑戦しようとしているのがHuaweiです。

Fire OSやWindows MobileといったスマホOSが失敗したのには、はっきりとした理由があります。それは対応するアプリの数が圧倒的に少なかったから。アプリ開発メーカーがのっかって来なかったのです。今現在も、iOSとAndroidの両方に対応させるだけでイッパイッパイというところが殆どでしょう。実際、スマートフォンのシェアはiPhoneとAndroidが独占状態。無理して開発したってそもそも利益が上がらない。となると新しく参入するスキなどどこにもない・・・かのように思われます。

しかし中国やインドといった超ボリュームゾーンで多くのシェアを獲得しているHuawei。もしかしたらもしかするかもしれません。OSの名前も『Kirin OS』とSocの名前からとられており、響きがとっても格好良い!まあ名前なんて何でも良いんです。前述している通り、アプリマーケットでアプリの数が増えない以上、絶対的にスマホOSで成功することはありません。

もし成功させるなら『デベロッパーにiOSやAndroidとは比較にならないレベルのインセンティブを与える』『Chrome OSのスマホ版のように、クラウド上で全てが完結できるようにする』『アプリ開発を素人でも出来るレベルに』『Kirin OSの入ったスマートフォンを無料で配りまくる』『Kirin OS専用無料コンテンツを充実させる』このくらいしか思いつきません。

すでに開発は終了段階にあるという、Huaweiが独自開発した『Kirin OS』。今の日本で展開させるのはまあ難しいでしょうが、実際にどんなものなのか、個人的にはとても体感してみたいです!早くリリースしてください!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.