iPhone 11はどこに向かうのか?A13 Bionicの進化が今後の明暗を分ける可能性

投稿日:

iPhone11で搭載される予定のA13 Bionic。小型化により年々開発技術の難易度が増す、スマートフォンの脳とも言えるSoc開発に注目が集まります。

A13 Bionicには極端紫外線リソグラフィ技術が用いられ、7nmプロセスが使用されるとしています。このnmが年々小さくなっているわけですが、なぜ小さくするかと言うと単純にコア数や部品を増やせるから。スマートフォンは筐体が小さいので、nmレベルの進化がとても重要になるのです。

マルチコアのパフォーマンスが15000~16000になるこを予想。これは現行のA12 Bionicと比較して30%程度の向上となります。また、iPhoneやiPadの代名詞とも言えるGPU性能への拘りは一旦鈍化。その分AI機能に力を入れるとのことです。5Gが開通し、Stadiaで遊ぶ人が増えれば増えるほど、スマホに搭載されたGPUの価値は低下。Googleの先を見越した攻撃が時間の経過と共にAppleを追い詰めます。

AntutuのスコアではSnapdragonに勝てない。カメラ性能ではHuaweiに勝てない。そうなるといきつく先はAIへの投資になるのか?AIオートフォーカス機能の向上は確かにうれしいですが、そこでコストアップが発生するのは必然ですし、DXMARKのスコアでP30 Proに勝てないリスクも背負います。HomePodもAmazonやGoogleに完全に遅れをとっています。そう考えると本当に必要な機能投資と言えるのか。

退化は絶対に許されないスマートフォン。次期iPhoneは、ユーザーの欲求に合わせた進化を出来るのでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.