iPhone 11はどこに向かうのか?A13 Bionicの進化が今後の明暗を分ける可能性

Pocket
Facebook にシェア

iPhone11で搭載される予定のA13 Bionic。小型化により年々開発技術の難易度が増す、スマートフォンの脳とも言えるSoc開発に注目が集まります。

A13 Bionicには極端紫外線リソグラフィ技術が用いられ、7nmプロセスが使用されるとしています。このnmが年々小さくなっているわけですが、なぜ小さくするかと言うと単純にコア数や部品を増やせるから。スマートフォンは筐体が小さいので、nmレベルの進化がとても重要になるのです。

マルチコアのパフォーマンスが15000~16000になるこを予想。これは現行のA12 Bionicと比較して30%程度の向上となります。また、iPhoneやiPadの代名詞とも言えるGPU性能への拘りは一旦鈍化。その分AI機能に力を入れるとのことです。5Gが開通し、Stadiaで遊ぶ人が増えれば増えるほど、スマホに搭載されたGPUの価値は低下。Googleの先を見越した攻撃が時間の経過と共にAppleを追い詰めます。

AntutuのスコアではSnapdragonに勝てない。カメラ性能ではHuaweiに勝てない。そうなるといきつく先はAIへの投資になるのか?AIオートフォーカス機能の向上は確かにうれしいですが、そこでコストアップが発生するのは必然ですし、DXMARKのスコアでP30 Proに勝てないリスクも背負います。HomePodもAmazonやGoogleに完全に遅れをとっています。そう考えると本当に必要な機能投資と言えるのか。

退化は絶対に許されないスマートフォン。次期iPhoneは、ユーザーの欲求に合わせた進化を出来るのでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.