Amazonが中国から撤退へ。国内ECの成長が大きな脅威に

Pocket
Facebook にシェア

Amazonが中国から撤退する事が決定しました。

日本ではTOPのシェアを持つAmazonですが、中国ではたったの1%程度。信じられませんよね。

そしてついに『Alibaba』を展開する『Tmall』と、巨大企業テンセントを大株主に持ち、自社買い付けでシェアを拡大する『JD.com』の前に降参宣言を強いられました。

比較にはなりませんが、Alibabaが楽天だとするとJD.comはイオンです。2017年末、EC事業に5000億円の巨大投資を行い、過渡期を迎えた感のあるリアル店舗からオンラインにシフトを始めました。独自の物流網を活かし、どこまでAmazonからシェアを奪う事が出来るかは興味深いところです。

GDPの押上げ等の観点からも、国がバックアップに乗り出す可能性も濃厚。リアルを制したイオンがECでも覇権をとることはできるのか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.