Appleは60億ドル支払ってQualcommと和解!5G非対応を免れるも額の大きさに唖然・・

Pocket
Facebook にシェア

企業同士の喧嘩。それを決着させるのは法廷のみです。最近では『Qualcomm』と『Apple』、『Google』と『Amazon』が和解したことが伝えられました。しかし和解と言っても、相手を気持ちで許すといった、平和的な和解ではありません。

今回Appleが、和解するためにQualcommに支払った金額は約60億ドルと言われています。桁が大きすぎて感覚的に良くわからない額です。

しかし、今回この60億ドルを支払わなければ、次期iPhoneは5Gに対応できない可能性がありました。タイミング的にそうなれば、Androidとの差が開いてしまうのは明らか。その危機感が60億ドルというとんでもない数字に表れています。

しかしこの60億ドル、品質低下でユーザーから徴収するような事はしないで下さいね!そうなってしまったら本末転倒です。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.