Asus ZenFone Lite(L1)とZenFone Max(M1)がインドで値下げへ。価格がえぐい

投稿日:

Pocket


Asusは新モデルが発売されたことから、旧モデルの値下げを行いました。

値下げされたのはAsus ZenFone Lite(L1)とZenFone Max(M1)。

Asus ZenFone Lite(L1)は日本では『ZenFone Live L1』と微妙に名前を変えて(ストレージは16GBを32GBに増量)発売されています。現在ビックカメラでは14,500円程度で販売中。

Snapdragon 430を搭載し、メモリー2GBと少しスペック的に低めのエントリーモデルです。今回の値下げに伴い、インドではAsus ZenFone Lite(L1)を8,000円程度に値下げ。安いです。いくらストレージが16GBと半分とは言え、MicroSDには対応してますし、価格で言えば日本の半額程度。

ZenFone Max(M1)は、最近話題となっているZenFone Max(M2)の前モデル。日本では2万円程度で販売されています。

デュアルレンズカメラに4,130mAhの大容量バッテリーを搭載。ディスプレイ解像度もフルHDと中々のスペック。ただしSocはMediaTek MT6750T とやや貧弱なイメージ。ちなみにインドでの値下げ後の価格は11,000円程度。こちらも価格差は2倍程度。

ZenFone Max(M2)の販売価格差もかなりのもので、返品騒動も相まって一部のユーザーは激おこ状態に。グローバルの価格情報が簡単に手に入るようになってしまった以上、整合性はきちんとつけてもらいたいものです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.