Asus ZenFone Lite(L1)とZenFone Max(M1)がインドで値下げへ。価格がえぐい

Pocket


Asusは新モデルが発売されたことから、旧モデルの値下げを行いました。

値下げされたのはAsus ZenFone Lite(L1)とZenFone Max(M1)。

Asus ZenFone Lite(L1)は日本では『ZenFone Live L1』と微妙に名前を変えて(ストレージは16GBを32GBに増量)発売されています。現在ビックカメラでは14,500円程度で販売中。

Snapdragon 430を搭載し、メモリー2GBと少しスペック的に低めのエントリーモデルです。今回の値下げに伴い、インドではAsus ZenFone Lite(L1)を8,000円程度に値下げ。安いです。いくらストレージが16GBと半分とは言え、MicroSDには対応してますし、価格で言えば日本の半額程度。

ZenFone Max(M1)は、最近話題となっているZenFone Max(M2)の前モデル。日本では2万円程度で販売されています。

デュアルレンズカメラに4,130mAhの大容量バッテリーを搭載。ディスプレイ解像度もフルHDと中々のスペック。ただしSocはMediaTek MT6750T とやや貧弱なイメージ。ちなみにインドでの値下げ後の価格は11,000円程度。こちらも価格差は2倍程度。

ZenFone Max(M2)の販売価格差もかなりのもので、返品騒動も相まって一部のユーザーは激おこ状態に。グローバルの価格情報が簡単に手に入るようになってしまった以上、整合性はきちんとつけてもらいたいものです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.