ズームもマクロも無い5つレンズの『Nokia Pureview』は、その1枚に全てをかける最高の表現者。

投稿日:

Pocket

レンズを3つ搭載したトリプルレンズ、4つ搭載したクアッドレンズ。クアッドまでいくと勝てない感があります。しかしクアッドをさらに超えた、5つ搭載したペンタレンズがすでに存在します。勿論ペンタレンズはスマートフォンに搭載されています。それが『Nokia Pureview』です。

他社の複数レンズカメラは、マクロやズーム、超広角など、機能性にも重点を持たせているのに対し、Nokia Pureviewは全てをディティールに注ぎ込んでいます。

搭載されているレンズの解像度はどれも1200万画素で、2つがRGBのカラーセンサー、残りの3つはモノクロセンサーを搭載。焦点距離は28mmでf値は1.8。ToFセンサーの内蔵により、3Dの高精度な深度測定にも対応しています。

5つのレンズは1度のシャッターで同じシーンを撮影。そうすることで、最大10倍以上の光を集めることが可能に。ダイナミックレンジが広くなり、光と影がとても細かく、立体的かつ丁寧に表現されます。

通常のモノクロ写真は一度カラーで撮影されたものをモノクロに変換しているのに対し、Nokia Pureviewの場合はモノクロセンサー搭載レンズのみで撮影。生粋のモノクロ写真を撮ることが出来ます。しかもモノクロセンサー搭載レンズは3つ。毛先一本まで細かく表現され、モノクロとは思えない迫力ある描写に。

5つのレンズは、それぞれがシーンの特徴を最適化してとらえ撮影。それを高度なAIアルゴリズム処理により、1枚の画像に融合させます。今までに見た事が無いレベルの描写が実現できるのも当然と言えば当然です。

5つのレンズを使用した深度測定は圧巻。1200以上のレイヤーを作成し、正確で詳細な深度マップを作成します。正確な深度を知ることで、スマートフォンで撮った写真とは到底思えないような、自然で美しいボケを表現。フォーカスは後から細かく調整も可能です。

無圧縮のRAW撮影にも対応。もうスマホであることは忘れた方が良さそうです。JPEG圧縮で失われる前の最高画質を調整し、自分だけの最高の1枚を生み出しましょう。しかしこのフォトサンプル、凄すぎて鳥肌が立ちますね。5つレンズの凄さを物語っています。

ズームもマクロも必要ない。必要なのはその一瞬をどれだけリアルに残せるか。そんな声が聞こえてきそうなカメラ、いやスマートフォンです。これはにわかな写真好きが手を出して良いものでは無さそう。プロ向きです。でも何かものすごく・・・欲しい!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.