Xiaomi Mi Mix 2Sで最難関のiijmio au回線 データSIMが繋がるか試してみた

Pocket
Facebook にシェア

docomo、Softbank、auとフルバンド対応で、まるで国内販売端末の様に使いこなせるはずの『Mi Mix 2S』。そこで実際にどうなのか、難易度の高いSIMで試してみたいと思います。iijmio au回線 データSIMは、これまで私が持っているどの海外SIMフリー端末で試しても使えませんでした。最近ではPocophone F1も撃沈。Mi Mix 2Sはいわば最後の砦です。

1.まずはSIMをセット

2.APNの設定

『設定』⇒『SIMとモバイルネットワーク』⇒『SIMカード設定(ささっているSIMを選択)』⇒『アクセスポイント名』⇒『新しいAPN』⇒入力後『その他』をタップして『保存』※これをしないとAPNが保存されません

APN iijmio.jp
ユーザ名 mio@iij
パスワード iij
認証タイプ PAPまたはCHAP

入力後、まだアンテナは立っていません。

3.一覧からiijmioを選択

選択するとアンテナが立ちます。Volteをつかんでいることも確認。しかしこの状態でも使えないことが多々ありました。少なくとも他の端末ではダメでした。果たしてMi Mix 2Sはどうなのか・・・

4.回線が繋がっているかチェック・・・失敗!

Wi-FiをOFFにして、きちんと通信が出来ているかチェックします。結果、ネットは繋がりました!しかし再起動をかけると接続不能に!

やはりダメなのか・・・絶望しかけた時に、とある情報を思い出しました。確かiijmioのauデータSIMはVolteへの対応が必須。Mi Mix 2SのVolteをまだ開放していませんでした。

5.Mi Mix 2SのVolteを開放する

一度Pocophone F1でも行った作業です。電話アプリを起動して『*#*#86583#*#*』と入力。入力が終わるとVolte回線が使えるように。頼むぞ!つながってくれ!

6.iijmio au データSIMでの通信に成功!

Volte解放後、一瞬でつながりました!グローバル端末初だったのでちょっと感動!フルバンド対応の噂は本当だったようです。すごいぞMi Mix 2S!!!

7.せっかくなので速度チェック

これはiijmio au データSIMの速度チェックになってしまいますが、つながった記念ということで。計測結果はまあ・・・一番回線が重い時間帯での計測なのでまあこんなものでしょう。今回は繋がったことに意義がありです!

8.せっかくなのでロケットモバイル神プラン(docomo回線)との2枚ざしに挑戦

インターネットで使用するSIMをロケットモバイルのSIMに切り替えてAPN設定を開始(※切り替えないとAPNの設定項目が表示されません)。設定方法などはiijmioと同じになるので省略します。設定が終わり再起動すると・・・つながらない!原因は不明ですが、何度か再起動しつつ時間が経過したら繋がりました!

しかし18時台のロケモバ神プランはしんどい(しかも休日)!

Mi Mix 2S検証結果

フルバンド対応の噂はどうやら本当です。なんたって最難関のiijmio au回線データSIMがつながりましたからね。ロケモバの神プランもいけましたし、他のメジャーなSIMなんてどう考えたって余裕です。iijmio au回線データSIMはSMSも使えてかなりお得なので個人的にはオススメ。それが使えるグローバル端末、Mi Mix 2Sはさらにオススメです!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

システムアップデートの力は超偉大!Mi Mix 2SのOSを更新してみて分かったこと

Xiaomi Mi Mix 2S開封レビュー!Xiaomiからのギフトは見た目も質感も最高だった!

電池容量少な目なXiaomi Mi Mix 2Sの電池はやはりそんなに持たないのか試してみた

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.