Android使いはジンバルが使えないって?

Pocket

ジンバルが欲しくなり、ジンバルについて調べ始めました。ビックカメラの店員には『どれも同じ』と言われたジンバルですが、調べれば調べるほどに違います。あのタイミングでもし、『どれも同じ』という言葉を信じてジンバルを購入していたら、確実にブチ切れていたことでしょう。

なぜなら私はAndroid使い。ジンバルを調べ始めかなり初期の段階で、『ジンバルはiPhoneに最適化されていて、Androidでは使えない機能が多い』という事実を知りました。おいビックカメラの店員。言ってたことが全然違うじゃないか。ボタンを押しても動かなかったり、フォーカスがカクついたりしたら誰でも不良品だと思うでしょう?

では、代表的な2機種の対応状況が一体どうなっているのか見ていきたいと思います。

DJI Osmo Mobile 2

iPhone対応状況

【対応機種】

iPhone SE、 iPhone 6、 iPhone 6 Plus、 iPhone 6 s、 iPhone 6 s Plus、 iPhone 7、 iPhone 7 Plus、 iPhone 8、 iPhone 8 Plus、 iPhone X、 iPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XR

iOS Version v3.1.46. OS要件 iOS 10.0 以降。

iPhone 6以降であれば使えるイメージ。私が現在唯一保有しているiPhone SEも含まれています。しかし!iPhone SEを動画撮影用の端末として使い多いとは思いません!

Android端末対応状況

【対応機種】

LG G6、LG V20、VIVO X20 Plus、OPPO R9m、OPPO R11s、Google Pixel XL、Google Pixel XL2、Nexus 6P、HUAWEI P10+、HUAWEI P10、HUAWEI P9+、HUAWEI P9、HUAWEI Mate 10、HUAWEI Mate 9、HUAWEI V10、HUAWEI Nova 2、HUAWEI Honor 10、HUAWEI Honor 9、Samsung Galaxy S6、Samsung Galaxy S7、Samsung Galaxy S7 Edge、Samsung Galaxy S8、Samsung Galaxy S8+、Samsung Galaxy S9、Samsung Galaxy S9+、Samsung Galaxy Note 8、Samsung Galaxy Note 5、Mi 6、Mi 5S、Mi Note 3、OnePlus 5T、Smartisan Nut Pro 2

Android Version v3.1.30.  OS要件 Android 4.1.2以降。

* 試験と開発の進捗状況により、他のAndroid端末でも対応可能になります。

これがOsmo Mobile 2に対応しているAndroid端末。なんだ!結構あるじゃん!と安心するのは早いです。Q&Aにはこんな内容が書かれています。

Android/ iOSどちらのOSでもすべての機能を実行可能ですか?

Osmo Mobile 2の撮影機能は、お使いのスマートフォンの種類によって異なります。そのため、Androidをお使いの場合、Osmo Mobile 2用に最適化された機能を一部ご利用いただけない可能性があります。 Androidをお使いのすべてのお客さまに優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるよう、DJIはAndroidスマートフォンのメーカーと問題解決に取り組んでおります。しばらくお待ちいただきますよう、皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

だったら適合のところにもこうやって書いておけ!ヴォケが!

細かい適合状況が一応表にはなっているのですが

機能 iOS Android
ビューティファイ 対応 対応
アクティブトラック 対応 対応
スローモーション 対応 非対応
タイムラプス 対応 対応
ライブ配信 対応 対応
手動調整 対応 非対応
180° パノラマ 背面カメラのみ 背面カメラのみ
330° パノラマ 背面カメラのみ、 7 枚 背面カメラのみ、 8 枚
9枚 パノラマ 背面カメラのみ 背面カメラのみ
写真バーストモード 対応 非対応
HDR 対応 端末に依存
4K 動画 対応 端末に依存
AE/AFロック 対応 端末に依存
ライトトレイル 対応 端末に依存
長時間露光 対応 端末に依存

おいおい結構非対応じゃねえか・・・スローモーション非対応が痛い。そして330°パノラマに関してはiOSより高性能という謎仕様。

ZHIYUN Smooth 4

iPhone対応状況

【対応機種】

iPhone X, iPhone SE, iPhone 8 Plus, iPhone 8, iPhone 7 Plus, iPhone 7, iPhone 6s Plus, iPhone 6s, iPhone 6 Plus, iPhone 6

ZY Play for IOS v2.6.0、バージョンiOS 9.0以上

iPhoneは6から使えます。ただし最新のXSやXRが含まれていませんね。レビューを見るとどうもバランスが少し狂うようで。まさか最新端末で使えないとか・・・。

Android端末対応状況

【対応機種】

Google:Pixel XL, Pixel 2 XL, Pixel 2, Pixel, Nexus 6P, Nexus 6, Nexus 5X
Samsung:Galaxy S9 Plus, Galaxy S9, Galaxy S8 Plus, Galaxy S8, Galaxy S7 Edge, Galaxy S7, Galaxy S6 Edge, Galaxy S6, Galaxy Note 8, Galaxy Note 7
(Samsung S9とS9 PLUSを除く、他の型番は4Kを一時的にサポートしていません)
Huawei:P9, P20 Pro, P10 Plus, P10, Mate 9, Mate 8, Mate 10 Pro, Mate 10
Oneplus:6, 5T, 5, 3T, 3
Xiaomi:Redmi Note 4X, Redmi Note 3, MI 6, MI 5s, MI 5, MI 4
Lge:G6, G5
Smartisan:U1 Pro, Nuts Pro 2
Oppo:R9s, Find X
Vivo:X7, NEX

ZY Play for Android v1.12.13、バージョンAndroid 5.0以上

こちらもかなりのAndroid端末に対応しています。優秀ではないか!しかし

*一部のデバイスでは利用できない機能です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こんなこと書かれてて買いたいと思いますか?私は無理です。

Android使いはジンバルを買えないのか?

大人気モデル2機種について調べましたが、どちらも安心して使えるとは言い難い状況でした。まだOSMO MOBILE 2の方が少しはAndroid向きのような気はしますが。色々とありすぎる弊害なのか、とても残念です。動画撮るためにiPhone買うくらいなら動画専用のカメラを買います。何とかしてくださいジンバルメーカー!!!もしくは、オススメのジンバルと端末があれば誰か教えてください。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.