Line Pay 『Pay 得』1万円キャッシュバックの圧力に負けた件

Pocket

最大20%キャッシュバックの『平成最後の超Pay得祭り』。アプリを使えば最大キャッシュバックは1万円。どう考えてもお得すぎる。普段は値引きされないようなものまで実質20%OFFになる。

『平成最後の超Pay得祭』がスタート!MAX20%&1万円キャッシュバック!アプリの配信も開始!

PayPayのような失敗は二度としない!という注意喚起が買い物を促す

平成最後かもしれないが、ここまで大規模なキャッシュバックはこれが最後まもしれない・・・PayPayが最初に行った100億キャッシュバックがあっという間に終了し、何も買えなかったあの時の無念がよみがえる。

買うしかない・・・買わないときっと後悔する・・・『1万円キャッシュバック』がグルグルと頭を回る。

どうせ買うなら資産価値の高いものを

普段値段が下がらないもの。アプリを使って店頭で買えるもの。自分の好きなジャンルでくくると次第と何を買うかは限定されてくる。そう、価格が高いという理由で私が普段買う事はない『Apple製品』だ。しかもキャッシュバックをフルに受けられるような価格帯のものがあるではないか・・・。

AppleのiPad Miniは満額キャッシュバックを受けるには最適

それが最新型の『iPad Mini』だ。税込みで約5万円。約1万円戻ってくるわけだから、実質4万円で買えることになる。最新のA12 Bionicを搭載している端末としては悪くない。安いとは決して思わないけれど、まあ許せる妥当なライン。実機検証もしてみたいしなあ・・・

このタイミングでiPadのマウス対応はずるい

そして何より購買欲を強めたのが、先日書いた『マウスに対応する』という記事内容。そう、iOS13でiPadはようやくマウスが使えるようになるみたい。これはブログを書く時に尋常じゃなく便利。画像処理だってメチャクチャ楽になる。まあでもそれだったらAndroidのタブレットでもWindowsのタブレットでも事足りる。もっと安いのが沢山ある。Appleとかやっぱり買わねーし。

また一つビックカメラ(コジマ)が嫌いになった

1万円のキャッシュバックという『Pay 得』の圧力に勝てませんでした。ちなみに片田舎のビックコジマで買ったのだけど、Androidで会員アプリに登録したら『3%ポイントアップクーポン』の文字が。やはりこれは間違いなく買いなタイミング。5万の3%だから十分な還元率。Line Payで支払いが無事終わり、家に帰って胸をときめかせながらビックポイントを確認。

目を疑うような少ないポイント。レジでミスったのかシステムが狂ってるのか、これが正しい数字なのかよくわからないが、明日とりあえず穏やかにクレームを入れようと思う。何が3%ポイントアップだ!ヴォケ!

田舎者はPay得の恩恵を受けるには不向き

明日から田舎に帰る人は、Line Payなんてハイテクなものは使えない地域の人も多いはず。一番進化してるのは薬局やコンビニだろうか。まあ5万も使うはずがない。という事は実質今日の夜が『Pay 得』の恩恵をフルに受けられる最終日とも言える。

圧力に負けてiPad Miniを買ってしまった、都会で働く田舎者、それが私。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.