Huawei P Smart Zはホップアップカメラ搭載なのに超破格!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiが新たに展開している『P Smart』シリーズに、新しく『P Smart Z』が加わります。

フラッグシップモデルの高機能がミッドレンジで楽しめる

P Smart Zはミッドレンジモデルながらもポップアップカメラを搭載。ポップアップカメラは生産コストが上がるので、搭載されているのは殆どがフラッグシップモデルです。ポップアップカメラによる全画面ディスプレイを楽しみたいという人には、それだけでオススメしたい1台に。

コンセプトを分けた面白モデル『P SMART』の今後に期待

P Smart +はトリプルレンズを搭載していたりと、P Smartシリーズは、コンセプトをしっかりと分けたミッドレンジをリリースしている印象。

Huawei P Smart + 2019はお手頃価格でトリプルレンズ搭載スマホの入門機に!

ターゲットをしっかりと絞り、コンセプトをかためて出すというのは基本です。スマホメーカーはスペックアップを目的にしすぎていた感があるので、過渡期の今はこういった原点に立ち返る姿勢は大切でしょう。

見た目はフラッグシップ、中身はミッドレンジ

P Smart Zの基本仕様はSocにKirin 710を搭載。画面サイズは6.59インチと大き目。ポップアップカメラの搭載により上ベゼルが削られたことで、筐体サイズを大きくせずに大画面化を実現しています。

リアカメラはデュアルレンズ仕様で1600万画素+200万画素。SocがKirin710だったり、セカンドレンズの解像度が200万画素だったりと、あーミッドレンジモデルだな、という印象がスペックを見ていくと強まります。しかしポップアップカメラは搭載しているのがやはりコンセプトモデル。メモリーは4GBでストレージは64GBとこの辺りもミッドレンジ。

ポップアップカメラ搭載モデルとしては驚きのコスパを実現

でもやっぱりポップアップカメラなんて搭載しちゃったから4万円くらいするんじゃないの?と思ってしまいますが、ここはやはりポップアップカメラに焦点を絞り、他でコストを削った企業努力が価格として出ています。

ポップアップカメラ搭載スマートフォンが約26,000円。デザイン重視で買うのであれば相当アリだと思います。実機を見たら思ってる以上に惹かれてしまいそう!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.