SONY Xperiaの出荷台数が半減。損失額は1000億円に

Pocket

元祖Androidとも言えるXperiaですが、ここ数年は売上の低迷に苦しんでいます。

他部門が伸びる中SONYモバイル部門は下降の一途

ゲーム/ネットワーク部門に対しモバイルは4分の1以下。−転落率も各部門と比較してわかる通り、ダントツで一番です。この数字だけ見ると、売却先を探すのも難しく、いつ事業停止してもおかしくない状況に。

Xperiaの販売台数が驚くほど減少

販売出荷台数でも、2017年の1350万台から2018年にはたったの650万台へと大幅に現象
。2018年第4四半期には約411億円の損失を出しました。2018年度の合計損失額は971億円と、あと少しで1000億円を超えるレベルに到達。今は他部門の利益が上がっているからまだしも、今後落ち始めたら、まっ先に株主の批判がモバイル部門に集中することは間違いなし。

今回リリースされたXperia 1や10といったニューモデルは、まさに社運をかけていると言っても過言ではありません。今後さらに厳しさを増す日本のスマホ市場。Xperiaは生き残る事ができるのか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.