Xiaomi Mi 8 Liteがアップデート。夜景撮影モードに対応

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが昨年リリースしたミッドレンジモデル『Mi 8 Lite』ですが、カメラに新たなアップデートが提供されました。

新たに搭載された撮影機能は『夜景撮影モード』。最近どのメーカーも力を入れている機能の一つです。Mi 8 LiteのメインレンズはF/1.9と明るめなので、『夜景撮影モード』の効力は比較的大きめ。夜景撮影モードで写した写真がこちら(公式のイメージ写真ではなく素人さんが撮ったもの)。

手ブレが無いことはもちろん、光と影がはっきりしたハイコントラストでシャープな仕上がりに。

釣った魚にはエサを与えないメーカーも多い中、Xiaomiは旧端末にも積極的にアップデートを提供します。アップデート内容が拡散され、それがマーケティングに繋がることを知っているからでしょう。結局はお客様至上主義に基づいたもの。Xiaomiの端末は、単純に安いから売れている訳では無いのです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.