『0和元年』人は必ずゼロを通過する

Pocket
Facebook にシェア


私は普段ガジェットに関する記事を書いている。スペックの進化は日進月歩。後退は許されない。

しかし、人々の日常はどうだろうか。上がり調子がずっと続くなんて事は絶対に無い。『楽あれば苦あり』ということわざが物語っている通り。最高に楽しいことがあっても、死ぬほど辛いことがあっても、必ず通過するのは0の地点。つまり、人は0に向かって生きているのだと私は思う。

0を通過するのは当たり前なのに、常に+でいようとする人。俗に言う『+思考』。無理です。常に+になることなんて無いし、無理に−を+に捉える必要も無い。それを強要するのは完全に宗教の世界。

−思考も然り。常に−に動き続ける人生など存在しない。一食ご飯を抜いて何か食べる。その時に美味しいと感じない人は居ないに等しいし、宝くじが1億円当たって喜ばない人も居ない。これはあくまで精神論の話。

つまり、最高だと思った瞬間もその時だけであり、最悪だと感じるその瞬間も所詮は一時ということ。

人は皆0に向かって生きている。0を通過しながら生きている。それを受け入れる事で、自分がどこに向かいたいか、どういう人生を送りたいかが本質的に見えてくる筈。

『0和元年』。間もなくスタート。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.