OnePlus 7 Proに搭載されるストレージ速度は従来の2倍に!世界初!UFS 3.0規格に準拠したスマホを発売開始へ!

Pocket
Facebook にシェア

 

OnePlus 7Proは『カメラ』『ディスプレイ』『ストレージ』『Soc』が全て世界トップクラス。それなのに7万円台という奇跡が起きた。

続きを見る

 

SAMSUNGのGalaxy Foldは発売延期に

SAMSUNGの折りたたみスマートフォン『Galaxy Fold』は、最新規格『UFS 3.0』に準拠したストレージをはじめて搭載するスマートフォンとして発売される予定でした。しかし複数の問題が明らかになり、発売は延期に。

One Plusが世界で初めて最速ストレージ搭載スマートフォンを発売へ

5月14日に発売が開始される『OnePlus 7 Pro』にもUFS 3.0準拠のストレージが採用されます。つまりOne PlusはSAMSUNGを抜き、実質世界ではじめて最速ストレージ搭載スマートフォンを発売することになります。

世界最速ストレージ規格『UFS 3.0』のすごさ

UFS 3.0のなにが凄いのかというと、前規格となる『UFS 2.1』と比較して速度が『2倍』に。読み取り速度は2100MB /秒となり、これはmicro SDカードの約20倍、SATA SSDドライブの約4倍です。書き込み速度においても最大410MB / 秒で、UFS 2.1より速度が50%上昇します。

大きすぎるストレージ高速化のメリット

ストレージの高速化により何が得られるかというと、アプリケーションの起動が速くなったり、高解像度の動画撮影や鑑賞がこれまで以上にスムーズになります。ゲームの起動や動作もさらに快適に。良いことずくしです。One Plus 7 Proはディスプレイ表示も高速なので、相乗効果は計り知れません。

One Plus 7 Proのディスプレイが超高速化!5Gにも対応しStadia最適端末に!

続きを見る

最新規格を高品質で素早く採用できるメーカーこそが生き残るこれからの時代

最新規格をいち早く採用するという意気込みは素晴らしい事ですが、それはあくまで品質ありきのこと。OnePlus 7 ProがGalaxy Foldのような問題に直面せず無事発売を開始するなら、それはスマートフォンメーカーとしてのブランド価値を引き上げる事になるでしょう。

高速ディスプレイの次は高速ストレージ。まだ何か隠し玉はあるのか!?5月14日が待ちきれません!

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.