Google I/O 2019は『Pixel 3a』『Deep Press』『Dark Mode』『Stadia』『Android Auto』な感じ

Pocket
Facebook にシェア

Googleは日本時間で明日の夜中2時頃から毎年恒例のカンファレンス『Google I/O 2019』を開催します。私はこれ系で夜中まで起きていた事が一度もありません。いや、一度だけ飲んで帰ってきたらどこかのフラッグシップ機のリリース発表をしていて、寝れなくなりその場でレポートを書いたことはあります、がそれだけです。なので今日も間違いなく寝ます。

Google I/O 2019で発表されそうもの

Google3シリーズの廉価版となるGoogle Pixel 3a /Pixel 3a XL

当ブログでも何度か紹介したGoogle Pixelの最新シリーズ。最新とは言え廉価版です。廉価版と言えど絶賛されているカメラやアルゴリズムは継承される様子。上位モデルの売り上げがあまり芳しくないようなので、値下げする為の口実にするのでは・・・。Socもミッドレンジながら最新のものが搭載される予定なので、体感的にはあまり変わらないかもしれません。メモリー上げたら逆に快適になっちゃったりして・・・結局4GB止まりなんですよね。Felicaが削られるとしたら、個人的に日本発売は無いのかなーと思ってます。Pixel 3や3 XLを安く売りさばく方が日本では吉です。

Google Pixel 3aシリーズには上位機種と同等のカメラや機能が搭載されるらしい

続きを見る

最新の車載用Android OS『Android Auto』

すでにリリースはされた『Android Auto』。デザインが一新され、それぞれの機能へのアクセスがより円滑に。タスクをシンプルにまとめることで運転時の操作性が飛躍的に向上しました。新しく搭載されたナビゲーションバーからは電話を含めた様々なアプリのコントロールが可能に。例えばGoogleマップを表示した状態でも音楽のコントロールができるようになります。さらに、ドライバーの視認性を向上させるためにダークモードも搭載しました。進化したAndroid AutoはGoogle I/O 2019内で展示予定。

Hit the road with Android Auto's new look

Uploaded by Erica Hu on 2019-05-06.

ゲームの世界を変えるストリーミング型ゲーム配信サービス『Stadia』

ゲーム業界に革命を起こすと言われている、Googleが提供するゲームのストリーミングサービス。Googleが設置するハイスペックマシンにインターネットを介して接続することで、誰でも最新のゲームをプレイすることが可能に。一人1台のマシンが用意されるという充実ぶりにも注目が集まっています。今回のGoogle I/O 2019では更なる詳細が明らかになる可能性が大。5G通信が続々とスタートする中で、それに絡めた説明もされることでしょう。ゲーム開発者にとっては眠れない夜になりそうです!

IoT家電との連携によりスマートホームを加速させる『Nest Hub Max』

正直この製品には全く触手が動きません。というかスマートディスプレイ自体にあまり興味が持てない状態に。ディスプレイも10インチサイズ。ということは今私の大のお気に入り、アレがあるじゃない!そうです。Fire HD 10です。今私はFire HD 10をスマートディスプレイとして使っているのでNest Hub Maxは不要です。それとも15,000円以内で出してくれるんですか!?Googleさん!たとえ出してくれたとしてもコンテンツの充実ぶりも含めてやはりFire HD 10の方が良いです。しかもしかも解像度はHDらしいじゃない!Fire HD 10はフルHDです!

Amazon『Fire HD 10』と『タブレットアーム』の組み合わせが最高だった!

続きを見る

Android最新OS『Android Q』の新機能

最近ようやく『Android Pieへのアップデートがふってきた』という人も結構いるはずなんですが、時代はすでにその先『Android Q』です。すでにベータ版の配信は行われてるAndroid Qですが、新たに新機能が発表される様子。折り畳みスマートフォンへの正式対応や、新たなナビゲーションジェスチャー、そういえばAndroidでもiPhoneみたいな3D Touchが使えるようになるという記事を書いてすっかりそのことを忘れていました。

AndroidでもiPhoneの『3D Touch』が使えるようになる!?Android Qのアップデート機能に『Deep Pless』が追加!

続きを見る

今回のGoogle I/O 2019でそれに関しても発表されるかもしれませんね。他に興味深いのはロック画面のカスタマイズ機能。ぶっちゃけAmazonのShowモードみたいな機能をつけてくれたらすごく便利ですよね。後はやっぱり流行語大賞とりそうな『ダークモード』ですね。Android 3aも有機ELなので合わせて紹介されるかも。

こんな感じでワクワクが盛沢山のGoogle I/O 2019!見たい人はライブ配信もされるようなので見てください!私は寝ます!

Google I/O '19

Learn about the latest product and platform innovations at Google. The Google Keynote begins at 10:00 AM PDT The Developer Keynote begins at 12:45 PM PDT Subscribe to Google Devs → https://goo.gle/developers

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.