ハイパーガジェットチャンネル

Pixel 3aの購入に待った!Pixel Visual Core非搭載でカメラ画質はどうなるの?本当に買いなのか徹底検証

Pocket

Googleのカンファレンス内で、予定通りPixel 3aシリーズがリリースされました。まあリーク通りの、Pixel 3を少しダウングレードしたようなスペックです。しかしその中に見逃せないものが。それは『Pixel Visual Core』が非搭載ということ。

Pixel Visual Coreって何?

Googleが独自設計した高性能プロセッサ

そもそもPixel Visual Coreが何かというと、Googleが独自に設計した画像処理に特化したプロセッサです。低電力でも最大のパフォーマンスを発揮出来るように設計。特にHDR+撮影時には、通常のアプリケーションプロセッサを使うより5倍速。エネルギー消費も1/10に抑えることができます。

Pixel Visual CoreがないとHDR+が使えない

同じ環境下での撮影画質差は明らか

サードパーティのカメラアプリで撮影した写真(Pixel Visual Coreなし)とHDR+(Pixel Visual Coreあり)で撮影した写真を比較するとその差は明らか。

Pixel Visual Coreにより通常のHDRよりダイナミックレンジの広い超ハイコントラストな画像撮影が可能だった

これはPixel Visual Coreの高速処理により、露出の異なる写真を同時に複数撮影し、合成することでダイナミックレンジの広いハイコントラストな画像作成が可能になっているから。Pixel Visual Coreの非搭載により、ダイナミックレンジと電力消費に差が出るのは明らかです。

Pixel 3シリーズで絶賛されたポートレートモードにも悪影響が

解析速度の低下により必要な情報を取り込めきれない可能性

Pixel Visual Coreは『ポートレートモード』においても機能しています。ポートレートモードはまず前景の被写体を検出し、さらにそこからソフトウェアにより前景との距離を解析。そうすることで距離に合わせた自然なボケを表現することが出来ます。

情報量の低下により正しい認識が出来なくなる可能性も

複数のレンズを持たずして自然で美しいボケ写真を撮れるようになったことは、スマートフォン市場に大きな衝撃を与えました。しかしそれもPixel Visual Coreの処理能力があってのこと。瞬時の解析能力と距離測定機能が低下した場合、ウリになっている綺麗なボケが不自然かつ甘くなってしまう可能性も。

Snapdragon670の性能が試される

Pixel Visual Coreで失ったものを補えるのは結局Socの性能

単純にPixel Visual Core搭載時並の処理能力を実現するには、Socを強化する必要があります。Pixel 2シリーズに搭載されていたのはSnapdragon835、そしてPixel 3シリーズにおいてはSnapdragon845です。どちらもフラッグシップモデルに搭載するために作られた最高性能のもの。

Pixel 3aに搭載されるSnapdragon 670とは

今回Pixel 3に搭載されているのはSnapdragon670で、ミドルレンジモデル用に作られたもの。フラッグシップモデル用のSocと性能を比較するのはやや酷というもの。つまりSoc側でも処理能力は確実に落ちているのです。しかし画像処理に関しては何かしらの特徴を持たせている可能性も。

Snapdragon670とSnapdragon 845と同じ『Hexagon 685』を採用

上位機種のPixel 3に搭載されているSnapdragon 845と同じHexagon 685を採用。Hexagon 685にはHVX(Hexagon Vector eXtensions)という驚速演算機能が搭載されていて、前モデルのSnapdragon 835からAI性能を3倍も引き上げることに成功した超高機能演算機。Hexagon 685ありきで考えれば、Pixel Visual Coreが無いとしても大幅な画質の低下にはつながらないかもしれません。なるほど。要所はしっかり抑えていたということですね。

スペックSnapdragon 845Snapdragon 670
プロセス10 nm FinFET LPP10nm LPP
製造SamsungSamsung
搭載CPUARM Cortex A75 x4ARM Cortex A75 x2
ARM Cortex A55 x4ARM Cortex A55 x6
クロック周波数2.80 Ghz2.6 Ghz
1.80 Ghz1.7 Ghz
対応メモリLPDDR4x
最大1866Mhz / 8GBまで / デュアルチャネル対応
L3キャッシュ2 MB1MB
搭載GPUAdreno 630 GPUAdreno 615 GPU
搭載DSPHexagon 685 DSPHexagon 685 DSP
カメラチップSpectra 280Spectra 250
内蔵モデムX20 ModemX12 Modem
セキュリティーQualcomm Secure Processing Unit (SPU)
Qualcomm Processor SecurityQualcomm Processor Security
Qualcomm Mobile SecurityQualcomm Mobile Security
Qualcomm Content ProtectionQualcomm Content Protection
対応APIOpenGL ES 3.2
OpenCL 2.0 full
Vulkan
DirectX12

Pixel 3a XLで撮影したフォトサンプル

実際にPixel 3a XLで撮影したフォトサンプルが早くも公開されました。暗がりでの光のとらえかた、黒の表現、色の美しさ、Pixel感満載です。ダイナミックレンジにやや弱さは感じられますが、そこが許容できるのであれば、画質的には全然アリですね。

結局Pixel 3aは買いなのか?

この記事を書き始めた時は、正直不信感に包まれていました。『明らかにロースペックなものを、機能面だけ全面的に押し出して無理やり誇張してやがる!』と。しかし記事を書きながら色々と調べている内に、おやおやこれは意外とアリなんじゃねーの?という考えに変わりました。一番そう思わせてくれたのはやはり『Hexagon 685』ですね。

ものすごく安いとは思わないけど、やはり安定のGoogleスペック。これから様々なアップデートを一番早く受け取れるというメリットも含めると、まさかの買いなのかもしれません!!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

imx766
Realme X9 ProはイメージセンサーにSONY IMX 766搭載か!TENAAに5千万画素カメラの採用を明記

OPPOから独立し、日本市場への参入も果たしたrealme。日本では未発売となりますが、海外市場ではスマートフォンを精力的にリリースしています。そのrealmeの最新モデルとされるRealme X9 ...

iphone 13
iPhone 13シリーズのレンダリング画像、仕様、価格がリーク!上位モデルは120Hzのリフレッシュレートに対応か

今週AppleはWWDC2021でiOS 15をリリースしました。そして例年通りであれば最新モデルとなるiPhone 13シリーズが9月に登場予定。関心はすでに最新のiPhoneへと移行しています。 ...

200W充電
Xiaomiの200W充電は800回繰り返し充電しても蓄電容量を80%維持するエコ仕様!40の保護機能で安全に管理!

5月の末、XiaomiはカスタマイズしたMi 11 Proを自社最速となる200Wの有線、120Wの無線技術で充電する動画を公開しました。 動画の中では電池容量4,000mAhのスマートフォンを有線2 ...

LDACに対応するヘッドフォン
月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

記事に書かれている内容1 Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応2 遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!3 Apple Musicは無 ...

OnePlus Nord 2はIMX 766にDimensity 1200搭載で3万円台になるかも!?超注目スマホ!

最近までフラッグシップモデルばかり開発していたスマートフォンメーカーのOnePlus。しかしフラッグシップモデルの性能はすでに実用の域を超えており、殆どの人にとってオーバースペックに。ゲームプレイ時に ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

© 2021 ハイパーガジェット通信