DJIがGoPro風のアクションカメラ『Osmo Action』を5月15日に発売するらしい

Pocket

DJI Osmo ActionはGoPro Hero7 Blackを上回るレベルの仕上がりだった

続きを見る

Go Proのライバル企業であるDJIが、自社初となるアクションカメラ『Osmo Action』を間もなくリリースします。

他のメーカーであれば『ふーん』で終わりそうなものですが、何といってもDJI。これは期待せずにはいられません。すでに流出しているOsmo Actionのレンダリング画像からは、前面と後面の両方にディスプレイを搭載していることが確認できます。なるほどアクションカメラ単体でもディスプレイを見ながら自撮りが出来るようになるという事か・・・。

さらに大き目のレンズリングはメニューナビゲーションの操作や手動フォーカスとして機能する可能性もあり。もし事実だとしたら楽しすぎる・・防水防塵性能も最高クラスになるとのことですが、これはアクションカメラであればまあ通常のスペックと言えるでしょう。

また、Osmo Actionは145度の撮影が可能なF値2.8の広角レンズ及び、Sony IMX337 1/ 2.3インチCMOSセンサーを搭載予定。さらにXiaomiのYi 4K +に搭載されている14nmベースのAmbarella H2イメージプロセッサも採用するとの事。良いところは無理にオリジナリティを出そうとせず真似をする。良い心がけです。

動画に関しては8倍のスローモーション撮影と解像度は4K/60Pに対応。『HDR』『自動タイムラプス』『AEB連続撮影』『カウントダウン撮影』『マルチ連続撮影』『インターバル撮影』など、様々な撮影モードに対応。シャッタースピードは1/8000~120秒。バッテリーは取り外し可能な交換式になる模様。

Osmo Actionは5月15日のリリースに向けてすでにカウントダウンが開始されています。後1日でその全容が明らかに。個人的にアクションカメラが欲しい度MAXなだけに楽しみすぎる!!3万くらいで出してくれ!!

Unleash Your Other Side

As the market leader in easy-to-fly drones and aerial photography systems, DJI quadcopters like the Phantom are the standard in consumer drone technology.

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Apple iPhone 12がDxOMarkに登場!iPhone 12と同スコア122を記録。小型スマホではダントツ!

カメラ画質の比較において世界一有名なサイトDxOMarkが、Apple iPhone miniのスコアを公開しました。トータルスコアは『122』で先にスコアが公開されていたiPhone 12と同じ。2 ...

mineoがahamo、Softbank on Line、povoへの対策で利用料金値下げへ。通信品質は維持出来るのか

格安SIM(MVNO)のmineoが、新利用料金『マイピタ』を発表しました。各通信キャリアが3月からスタートする格安プラン『ahamo』『Softbank on LINE』『povo』への対抗策と言え ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.