独占禁止法容疑でインドのGoogleに調査。独占禁止って言ったってねぇ・・・

Pocket

インドのGoogleは、独占禁止法の疑いで現在国の調査を受けています。

その理由としては、Androidの場合はChromeブラウザがデフォルトでプリインストールされていて、そこで使われる検索エンジンは当然Google。OSとブラウザ、検索エンジンとの紐づけがあまりに直線状にあるので、そこが独占禁止法に引っかかってしまうとのこと。

ちなみに今回独占禁止法の容疑がかけられたインドにおけるiPhoneのシェア率はたったの1%程度。日本では考えられませんよね。つまりそれだけAndroidの影響が大きいということです。ちなみに独占禁止法に関しては、インドだけでなくヨーロッパでも同様の調査を受けています。

パソコンの場合は、デフォルトだったIEが問題起こしまくりで自ら消えていった印象(今はedgeになって改善されましたが)があります。まあしかしBingなんてそもそも誰も使ってないし、edgeの表示速度が明らかに早なりセキュリティ面も改善されたからって、メインで使ってるブラウザはChromeです。

そうなると別にブラウザどうこうなんて関係なくて、結局ユーザーが自らGoogleを自ら選んで使ってるんだから、結局は独占禁止法で取り締まったところで何も変わらないはず。

楽天なんてポイント還元までしてサーチエンジンに誘導しようとしてるけど、それでも誰も使ってません。企業努力の集大成が独占禁止法に抵触するというのは何とも気の毒というか、大きなジレンマですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.