Huawei Y9 Prime(2019)はトリプルレンズとホップアップカメラ搭載の欲張りミッドレンジ!

Pocket

Huaweiはスペインのオンラインストアで、最新のミッドレンジモデル『Huawei Y9 Prime(2019)』をサイレントリリースしました。

Huawei Y9 Prime(2019)ってどんなスマホ?

Huawei Y9 Prime(2019)はポップアップ式カメラを採用

ディスプレイを邪魔するものが無くなる

ミッドレンジモデルながら、フラッグシップモデルモデルに採用されているポップアップ式フロントカメラを採用。フロントカメラをポップアップにする一番のメリットは、ノッチスペースやパンチホールを設置する必要が無くなるので、ディスプレイを物理的に邪魔するものが無くなります。動画を頻繁に見たり、撮影した画像を全画面で目一杯見たいという人にはオススメです。

驚きの耐久性を実現。安心して使える

ポップアップさせる回数が多くなると耐久性が心配になりますが、10万回を超える耐久テストクリア。耐荷重は12キロ、対応環境温度は-20〜60度と、びっくりするくらい高耐性です。この耐久性を維持するだけでも相当なコストを要するでしょう。フラッグシップモデルと技術共有しないとミッドレンジモデルへの搭載は難しそうですね。

Huawei Y9 Prime(2019)はトリプルレンズカメラ

レンズか増えたことで広がる撮影の幅

こちらもフラッグシップモデルへの搭載が目立つトリプルレンズカメラ。レンズが3つついてます。

レンズの性能としては、利用率の高いメインレンズは1600万画素でF値は1.8。ミッドレンジモデルに搭載されるレンズとしては、明るく優秀な部類に入ります。ボケも綺麗に出るでしょう。さらに街並み全体や壮大な景色の撮影を可能にする800万画素の超広角レンズ、200万画素の深度測定用レンズといった構成。これまでは広角レンズが省かれていたので、全く違った構図の写真や動画が撮れるようになります。

アルゴリズムの最適化でAI機能がさらに進化

強化されたAI機能は、22のカテゴリーと500以上のシーンを瞬時に識別。

『建物は立体的に』

『食べ物は美味しそうに』

『景色は美しく』

これまで以上に最適な設定が、シャッターを押した瞬間に得られるようになりました。

Huawei Y9 Prime(2019)は謎のKirin 710F搭載

通常Huaweiのミッドレンジクラスに搭載されているのはKirin 710。Y9 Prime(2019) に搭載されているのはKirin 710Fと『F』がつきます。調べてみたところこのFの意味が分かりませんでした。Kirin 710はAI性能と電力効率に優れたミッドレンジを代表するSoc です。何か付加価値を持たているのであればかなり素晴らしいことに!

Huawei Y9 Prime(2019)は大画面高解像度ディスプレイ

6インチ前半のディスプレイを採用したスマートフォンが多い中、Y9 Primeは6.59インチとかなり大きめ。ノッチなしのフルディスプレイデザインを存分に活かしています。フルディスプレイデザインは写真や画像を見るのに没入感が格段に増すだけでなく、情報領域が広がるのでSNSやニュースサイトを見る時に差が出ます。全画面操作もしやすくなり、見た目以上に様々なメリットが。

Huawei Y9 Prime(2019)は大容量ストレージ搭載

ストレージ容量が最低でも128GB用意されているので、画像や動画を思う存分撮影することができます。SDカードで増設することも可能ですが、読み書きの速度が速いのは圧倒的に内蔵ストレージ。保存するデータの容量が多い状態で操作をより快適に行うには、大容量ストレージモデルを選ぶのがベストです。

 

Huawei Y9 Prime(2019)はバッテリーも大容量

Y9 Prime(2019)が大容量なのはストレージだけではありません。バッテリーも4,000mAhと大容量。SocのKirin710Fは電力効率にとても優れていて、4,000mAhに満たない電池容量のモデルでも長時間駆動を実現しています。つまりスタミナスマホ並みの大容量バッテリーを搭載することで、電池の持ちが凄まじいことになるのは間違いなし!大画面を存分に楽しみましょう。

 

Huawei Y9 Prime(2019)は買いなのか?

全面ディスプレイとトリプルレンズ推しの欲張りミッドレンジ

ポップアップカメラを採用した全面ディスプレイ、さらにトリプルレンズカメラと、2大要素を持ったミッドレンジクラスはかなり珍しいです。というか他に無いかもしれません。フラッグシップモデルの良い所どりをしているミッドレンジといったイメージです。

安定性と機能面は充実。ゲームメインじゃなければ買いの1台

Socには謎のKirin 710Fを採用。仮に710と何ら変わらないとしても、安定性は抜群のSoc。ゲームをバリバリするにはあまり向いていないかもしれませんが、写真や動画を撮るだったり、ブラウジング用途が多いだったりすると、むしろKirin 710が正解のような気がします。価格は34,000円程度とミッドレンジクラスにしては少し高目ですが、要素を踏まえれば妥当な価格と言えるでしょう。処理能力では無く機能を重視したい人は買いですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

NFCに対応するスマートフォンなら1万円台から購入可能!
Visaのタッチ決済が出来るNFC対応のAndroidSIMフリースマホ5選!おサイフケータイ対応モデルより断然安い!

スマートフォンを利用した簡単決済サービスと言えば、代表的なのがおサイフケータイ。しかしおサイフケータイを利用するにはFeliCaチップを搭載したスマートフォンが必要になります。通信キャリアが発売してい ...

moto g30で楽天モバイルのSIMは使えない?使えるようにする超簡単な方法をわかりやすく解説!1GBまでなら0円運用

先日、Motorolaのmoto g30で楽天モバイルのSIMが使えるか試したところ、デフォルトの状態だと4Gアイコンが半透明になり通信不能。 勿論APN設定は完了しています。VoLTEも点灯している ...

OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活!これがラストチャンスの可能性!

5月11日(火)午前11時から発売記念特価SALEをスタートし、その数時間後には品切れになってしまったRedmi Note 10 Proとmoto g30。前回のセールと同様の動きでした。当日中に在庫 ...

Apple Payで使えるようになったVisaのタッチ決済はAndroidでも使える
Apple PayがVisaのタッチ決済に対応!AndroidだとFeliCaチップ非搭載のNFC対応端末で使えちゃう!

Appleが提供するデジタル決済サービスApple PayがVisaのタッチ決済に対応しました。Visaのタッチ決済はレジに用意されているカードリーダーを用いて支払いを行います。一定の利用料金までは暗 ...

日本で発売されているSIMフリースマートフォンの中で最高のコスパを持つRedmi Note 10 Pro
Xiaomi Redmi Note 10 Pro日本発売モデルがお勧めな7つの理由。SIMフリースマートフォンの最高峰!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proがお勧めな理由その1『スマートフォンではなくカメラとして買っても満足出来るレベルの高画質』2 Redmi Note 10 Proがお勧めな理 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.