Huawei Y9 Prime(2019)はトリプルレンズとホップアップカメラ搭載の欲張りミッドレンジ!

投稿日:

Pocket

Huaweiはスペインのオンラインストアで、最新のミッドレンジモデル『Huawei Y9 Prime(2019)』をサイレントリリースしました。

Huawei Y9 Prime(2019)ってどんなスマホ?

Huawei Y9 Prime(2019)はポップアップ式カメラを採用

ディスプレイを邪魔するものが無くなる

ミッドレンジモデルながら、フラッグシップモデルモデルに採用されているポップアップ式フロントカメラを採用。フロントカメラをホップアップにする一番のメリットは、ノッチスペースやパンチホールを設置する必要が無くなるので、ディスプレイを物理的に邪魔するものが無くなります。動画を頻繁に見たり、撮影した画像を全画面で目一杯見たいという人にはオススメです。

驚きの耐久性を実現。安心して使える

ホップアップさせる回数が多くなると耐久性が心配になりますが、10万回を超える耐久テストクリア。耐荷重は12キロ、対応環境温度は-20〜60度と、びっくりするくらい高耐性です。この耐久性を維持するだけでも相当なコストを要するでしょう。フラッグシップモデルと技術共有しないとミッドレンジモデルへの搭載は難しそうですね。

Huawei Y9 Prime(2019)はトリプルレンズカメラ

レンズか増えたことで広がる撮影の幅

こちらもフラッグシップモデルへの搭載が目立つトリプルレンズカメラ。レンズが3つついてます。

レンズの性能としては、利用率の高いメインレンズは1600万画素でF値は1.8。ミッドレンジモデルに搭載されるレンズとしては、明るく優秀な部類に入ります。ボケも綺麗に出るでしょう。さらに街並み全体や壮大な景色の撮影を可能にする800万画素の超広角レンズ、200万画素の深度測定用レンズといった構成。これまでは広角レンズが省かれていたので、全く違った構図の写真や動画が撮れるようになります。

アルゴリズムの最適化でAI機能がさらに進化

強化されたAI機能は、22のカテゴリーと500以上のシーンを瞬時に識別。

『建物は立体的に』

『食べ物は美味しそうに』

『景色は美しく』

これまで以上に最適な設定が、シャッターを押した瞬間に得られるようになりました。

Huawei Y9 Prime(2019)は謎のKirin 710F搭載

通常Huaweiのミッドレンジクラスに搭載されているのはKirin 710。Y9 Prime(2019) に搭載されているのはKirin 710Fと『F』がつきます。調べてみたところこのFの意味が分かりませんでした。Kirin 710はAI性能と電力効率に優れたミッドレンジを代表するSoc です。何か付加価値を持たているのであればかなり素晴らしいことに!

Huawei Y9 Prime(2019)は大画面高解像度ディスプレイ

6インチ前半のディスプレイを採用したスマートフォンが多い中、Y9 Primeは6.59インチとかなり大きめ。ノッチなしのフルディスプレイデザインを存分に活かしています。フルディスプレイデザインは写真や画像を見るのに没入感が格段に増すだけでなく、情報領域が広がるのでSNSやニュースサイトを見る時に差が出ます。全画面操作もしやすくなり、見た目以上に様々なメリットが。

Huawei Y9 Prime(2019)は大容量ストレージ搭載

ストレージ容量が最低でも128GB用意されているので、画像や動画を思う存分撮影することができます。SDカードで増設することも可能ですが、読み書きの速度が速いのは圧倒的に内蔵ストレージ。保存するデータの容量が多い状態で操作をより快適に行うには、大容量ストレージモデルを選ぶのがベストです。

 

Huawei Y9 Prime(2019)はバッテリーも大容量

Y9 Prime(2019)が大容量なのはストレージだけではありません。バッテリーも4,000mAhと大容量。SocのKirin710Fは電力効率にとても優れていて、4,000mAhに満たない電池容量のモデルでも長時間駆動を実現しています。つまりスタミナスマホ並みの大容量バッテリーを搭載することで、電池の持ちが凄まじいことになるのは間違いなし!大画面を存分に楽しみましょう。

 

Huawei Y9 Prime(2019)は買いなのか?

全面ディスプレイとトリプルレンズ推しの欲張りミッドレンジ

ホップアップカメラを採用した全面ディスプレイ、さらにトリプルレンズカメラと、2大要素を持ったミッドレンジクラスはかなり珍しいです。というか他に無いかもしれません。フラッグシップモデルの良い所どりをしているミッドレンジといったイメージです。

安定性と機能面は充実。ゲームメインじゃなければ買いの1台

Socには謎のKirin 710Fを採用。仮に710と何ら変わらないとしても、安定性は抜群のSoc。ゲームをバリバリするにはあまり向いていないかもしれませんが、写真や動画を撮るだったり、ブラウジング用途が多いだったりすると、むしろKirin 710が正解のような気がします。価格は34,000円程度とミッドレンジクラスにしては少し高目ですが、要素を踏まえれば妥当な価格と言えるでしょう。処理能力では無く機能を重視したい人は買いですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.