Oppo Realme X Lite はスナドラ710搭載で19000円!コスパではXiaomiを超えたかも!?

更新日:

Pocket

OppoのサブブランドRealmeからヤバいスマートフォンがリリースされました。ヤバいのはコスパです。スペックを見た限りXiaomiを超えているかもしれません。

衝撃のコスパモデルは『Realme X Lite』。同時リリースされた『Realme X』の廉価版モデルです。廉価版モデルなのに搭載しているSocはSnapdragon710!710は最高にコスパと性能が高いSocなのに、搭載している端末があまり増えなかったとても残念なモデル。

リリースから少し経ってはいますが、今回Realme X LiteにこのSocが搭載されたことは非常に喜ばしいです。当然ながらSnapdragonの700シリーズなので、量産されているSnapdragon 660より性能は高いです。スコアで3万程度差がついているので、1ランク性能差があるということが分かります。

Realme X Liteは6.3インチのフルHD+解像度ディスプレイに水滴型小型ノッチを採用。背面には1600万画素+500万画素のデュアルレンズを搭載し、フロントカメラも2500万画素と高解像度仕様。電池が4045mAhと中途半端な数値になっています。何でしょうこの45mAhは。また、充電はOppoの独自技術VOOC 3.0フラッシュ充電をサポートするので、やや大き目の電池容量ですが充電速度に不満を感じることは無いでしょう。Socといい全体的なSpecといい、非常に満足度の高い仕上がり。

そしてそうです、一番すごいのが価格設定!

4GB/64GBモデルが19,000円程度、6GB/64GBモデルが20,500円程度、6GB/128GBモデルが24,000円程度と信じられない安さ!Snapdragon710を搭載してて2万円切ってるってまじっすか!これはリアルに買うしかない。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.