Xiaomi Mi A3はSnapdragon 730。ミッドレンジではじめてAntutu20万越えしたSoc搭載だ!

投稿日:

Pocket

Xiaomiの副社長Manu Kumar Jainが5月14日、Redmi Note 7Proがインドで絶大なセールスを記録したことを報告しました。インドはiPhoneのシェアが1%程度のAndroid大国。人口の多いインド。そこで勝利するということの意味の大きさをXiaomi自身はよく理解しているはず。Redmi Note 7Proの大成功は今後のXiaomiにとって間違いなく追い風となるでしょう。

Manu Kumar Jainが言及したのはRedmi Note 7Proではなく別の端末についてでした。それは『Xiaomi Mi A3』。『Xiaomi Mi A2』はXiaomiを代表するミッドレンジモデル。A3の話となると市場がざわつくのは当然です。Xiaomi Mi A3はRedmi Note 7Proと同様に4800万画素の超高解像度カメラが搭載され、さらにSocには最新のSnapdragon 730。

 

このSnapdragon 730、ミッドレンジモデル向けながらAntutuのトータルベンチマークで20万を超えた、伝説に残りそうなハイコスパモデルです。ついにミッドレンジが20万を突破しました。価格によってはフラッグシップモデルからの乗り換えを検討する人も多いでしょう。なんたって20万です。

Snapdragon730の凄さはスコア面だけでなく、写真撮影、ゲームプレイを最適化するための最高水準のAI技術も搭載。これまでは最高スペックの800シリーズしかサポートしていなかったハイレベルなゲームも、Snapdragon730を採用したXiaomi Mi A3であればプレイできるようになります。

また、Xiaomi Mi A3にはA2と同様手が加えられていない純粋なAndroidOS『Android One』が採用されるので、Pixel 3aにとっては思わぬ対抗馬が現れたことになります。Soc性能は当然ですがXiaomi Mi A3の方が上です。画像を見る限り、デザインではPixel 3aに軍配が上がりそうですが、ディスプレイ形状などはどうなっているのか。個人的には正直デザインよりSnapdragon730に興味津々です!フラッグシップ機との比較をしてみたい!そしてXiaomi Mi A3の価格も気になります。前モデルと同価格帯であれば2万円台は望めるでしょう!買ってしまいそう。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.