Xiaomiは『Redmi K20』と一緒に『RedmiBook 14』をリリースするらしい

投稿日:

Xiaomiのサブブランド『Redmi』がリリース予定のフラッグシップモデル『Redmi K20』シリーズ。リリースされるのはスマートフォンだけではありませんでした。

同時にリリースされるのはRedmiブランド初となるラップトップパソコン『RedmiBook 14』。RedmiBook 14は名前の通り14型のディスプレイが採用され、CPUはIntel Core i3、Core i5、Core i7モバイルプロセッサの3タイプから選ぶ事ができます。

メモリーは4GBか8GB、ストレージは256GBと512GBが用意されます。また、プレミアムオプションとしてNVIDIAのGeForceのMX250が内蔵されているとのこと。国内発売モデルだとLenovoのThinkPad T490と同じようなスペックになりそうです。GeForce MX250のスペックは以下の通り。

Manufacturer NVIDIA
GeForce MX200 Series
GeForce MX250 384 @ 1518 - 1582 (Boost) MHz 64 Bit @ 7000 MHz
GeForce MX230 (compare) 256 @ 1519 - 1531 (Boost) MHz 64 Bit @ 7000 MHz
Codename N17S-G2
Architecture Pascal
Pipelines 384 - unified
Core Speed 1518 - 1582 (Boost) MHz
Memory Speed 7000 MHz
Memory Bus Width 64 Bit
Memory Type GDDR5
Max. Amount of Memory 4096 MB
Shared Memory no
DirectX DirectX 12_1
technology 14 nm
Features Vulkan 1.1, OpenGL 4.6, OpenCL 1.2, GPU Boost 3.0, Multi Monitor

見た目は断然RedmiBook 14なのと、価格も恐らくかなり差が出ることでしょう。Mi Note Book Airなどで培った技術をフルに使って欲しいですね。そしてRedmiブランドなので出来るだけ安くお願いします!しかしRedmi、サブブランドですが最近は本体のXiaomiより勢いを感じるのは私だけでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.