Honor 20 Proの撮影サンプルがちょっと待ってレベルにヤバい

Pocket
Facebook にシェア

来週のイベントでHuaweiがリリース予定の『Honor 20 Pro』。リリース前に撮影サンプル写真が公開されました。

公開された写真は3枚で、そのクオリティの高さに開いた口がふさがりません。Huaweiはよく広告用に一眼レフで撮った写真を使うので、本当にこの写真がHonor 20 Proで撮ったかどうか疑わしいところです。ミラーレスで撮ったと言われればそうですし、フルサイズで撮ったと言われればそうかと思ってしまいます。それくらい難易度の高い、表現するのが難しい描写ばかり。

2枚はメインカメラで撮影されたもので、撮影データが記録されるEXIFの情報をもとにすると、焦点距離26 mm、f / 1.4となっています。f値1.4だと!?明るすぎでしょ・・・このレンズの明るさだけで欲しくなってしまいます。そして実際Honor 20 Proを使って、上記の設定で撮ったとされる写真がコチラ。

いやいやどう見ても一眼レフでしょ!夜景なのにディティールしっかり出てるし暗がりの解像や光の捉え方も鮮やかです。AI ULTRAクリエイティブモードの恩恵を受けてのことでしょうか。それともやっぱり一眼レフなのか!?

3枚目の写真は逆光気味の、こちらも難しい描写です。EXIFによると0.6倍ズーム、f/2.2で焦点距離は17mm。光をとらえつつ白飛びはせず、水面や岩のディティールもしっかりととらえています。これも一眼じゃないのか!?

しかしサブブランドのHonorシリーズでここまでヤバイ写真が撮れるようになってしまうと、ライカ推しのHuawei端末が食われてしまいそう。XiaomiのRedmi状態ですね。サブブランド強し!というか本気でHonor 20 Pro欲しすぎます。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.