Honor 20 Proの撮影サンプルがちょっと待ってレベルにヤバい

更新日:

Pocket

来週のイベントでHuaweiがリリース予定の『Honor 20 Pro』。リリース前に撮影サンプル写真が公開されました。

公開された写真は3枚で、そのクオリティの高さに開いた口がふさがりません。Huaweiはよく広告用に一眼レフで撮った写真を使うので、本当にこの写真がHonor 20 Proで撮ったかどうか疑わしいところです。ミラーレスで撮ったと言われればそうですし、フルサイズで撮ったと言われればそうかと思ってしまいます。それくらい難易度の高い、表現するのが難しい描写ばかり。

2枚はメインカメラで撮影されたもので、撮影データが記録されるEXIFの情報をもとにすると、焦点距離26 mm、f / 1.4となっています。f値1.4だと!?明るすぎでしょ・・・このレンズの明るさだけで欲しくなってしまいます。そして実際Honor 20 Proを使って、上記の設定で撮ったとされる写真がコチラ。

いやいやどう見ても一眼レフでしょ!夜景なのにディティールしっかり出てるし暗がりの解像や光の捉え方も鮮やかです。AI ULTRAクリエイティブモードの恩恵を受けてのことでしょうか。それともやっぱり一眼レフなのか!?

3枚目の写真は逆光気味の、こちらも難しい描写です。EXIFによると0.6倍ズーム、f/2.2で焦点距離は17mm。光をとらえつつ白飛びはせず、水面や岩のディティールもしっかりととらえています。これも一眼じゃないのか!?

しかしサブブランドのHonorシリーズでここまでヤバイ写真が撮れるようになってしまうと、ライカ推しのHuawei端末が食われてしまいそう。XiaomiのRedmi状態ですね。サブブランド強し!というか本気でHonor 20 Pro欲しすぎます。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.