ハイパーガジェットチャンネル

8インチPC『CHUWI Mini Book』はGPD Pocketを超えるかも?25%OFFでゲットのチャンスを逃すな!

Pocket

日本でも少しずつ名前が浸透しつつある中国のラップトップメーカー『CHUWI』が、新たに8インチサイズのポケットPCをリリースしました。

このサイズ周辺はGPDポケットが一番人気ですが、Windows XPのころにも一度流行った時期があったんですよね。富士通やKOHJINSHAなんかが色んなモデルを出してました。

それがいつの間にか消えていき、Mac Book Airみたいな軽量のノートパソコンが流行りだしたんだったような?つまりポケットPCは一度消えて戻ってきた感じです。

CHUWI Mini Bookは360度回転式8インチタッチディスプレイ採用

今回CHUWIがリリースするポケットPCは、サイズ感をそのままモデル名にし『MiniBook』と名付けられています。MiniBookは8インチサイズのIPSディスプレイを搭載し、ディスプレイは360度回転させることが可能です。

画面タッチにも対応し、タブレットとラップトップの2WAY仕様。電車の中ではタブレットとして利用し、喫茶店など落ち着いた場所ではパソコンとして使うなど、場所や用途によって使い分け出来るのはとても便利ですね。

 

CHUWI Mini Bookは第8世代CPU Core™m3-8100Yを搭載

CPUにはceleronなどの廉価モデルでは無く、最新のCore™m3-8100Yが搭載されています。これはGPD Pocket2の最新モデルに搭載されているCPUと同じもの。最大動作クロックは3.4MHzで、Kaby Lake-Y世代の「Core m3-7Y30」から800MHzも上昇しています。

動作クロックが上がると通常は消費電力も高くなる筈が、TDP(最大消費電力?他にもいろいろな定義があるらしい)は従来と同じ5Wに抑えられています。このあたり、電力効率を高めてスマートフォンのSocと同様の進化をしている感じですね。

さらにMini Bookはタービン冷却システムを搭載しているので、動作はより快適なものになるでしょう!片手間でフォトショップなんかもいけそうですね。

 

CHUWI Mini Bookはメモリー8GB、ストレージ128GBの本格仕様

メモリーは4GBあれば十分なイメージのポケットPCですが、Mini Bookに搭載されているメモリーは8GB LPDDR4。LPDDR4は低消費電力に定評のある規格なので安心して長時間使えます。また、ストレージはeMMCで128GB。こちらも必要十分です。

というかそこらのノートブックより明らかにスペックが高いです。8インチサイズのポケットPCにこんなハイスペックいらねえだろ!と思いましたが、そうでした。ディスプレイ出力も出来るラップトップでしたね。優秀すぎる・・・。

 

CHUWI Mini BookはSSDとTFカードのデュアル拡張スロットを搭載

128GBと大容量のストレージを備えているのに、さらに拡張性まで持たせてるってどんだけサービス精神旺盛なんでしょう。スマートフォンのフラッグシップモデルなんてMicro SDカードに非対応のものが多いです。それなのにMini Bookは・・・。

しかも拡張スロットはSSDだけじゃなくTFカードもサポートしています。凄すぎる。本当にやりすぎ感しか感じられません。というかポケットPCでここまで出来るんですね。驚きです。逆に拡張性を持たせてないノートパソコンサービス悪すぎ!

 

CHUWI Mini Bookには26.6Whの大容量バッテリーが採用されている

バッテリーは26.6WhとGPD Pocketと同じ容量。やはり意識しています。充電はPD2.0をサポートし、急速充電が可能。連続駆動時間は8時間と長めなので、外出時に電池切れの心配をする必要は無さそうです。

どうしても不安な場合は、最近PD2.0に対応したバッテリーや小型充電器が増えているので、一緒に持ち歩きましょう。

 

 

CHUWI Mini Bookが25%OFFで購入できる大チャンス

CHUWIのWEBサイトでは、25%OFFの発売開始記念イベントを行うためのカウントダウンが行われています。まずはEメールを登録してその時を待ちましょう!

CHUWI Mini Bookは買いなのか?

ひと昔前のポケットPCブームの時のように、今回も少し経てば消えていくんじゃないの?と思っているなら、それは間違いです!昔と今では明らかに違っていることがあります。それはディスプレイ出力の有無。Mini BookはただのポケットPCではなく、ラップトップPCへと進化しているのです。

普段は超小型なノートパソコンやタブレットとして使い、いざとなればディスプレイ出力して本格的なラップトップPCとして動作。これ格好良すぎませんか!?

最もスタイリッシュなパソコンライフと言えるでしょう。価格がまだ公表されていませんが、恐らくGPD Pocket 2の価格を上回ることは無いでしょう。仮に多少上回ったとしても25%OFFでゲットできれば破格です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-CHUWI Mini Book, etc, ポケットPC, ラップトップPC
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信