縦にパカっとでサブディスプレイもついた折り畳み全画面スマホMotorola『RAZR 4』のレンダリング動画が公開

投稿日:

Motorolaがリリースしている『RAZR』シリーズは、スマートフォンを閉じた丈太いでも前面ディスプレイで情報の確認をすることが出来、同メーカーを代表するヒット商品となっています。そのRAZRシリーズの最新モデルとなるのが折り畳みタイプの『RAZR 4』です。そのRAZR 4の新たなレンダリング動画が公開されました。

Moto Razr

Update: It appears that this video, which was shown by Lenovo/Motorola officials, is an excerpt from a fan-made concept video released by YouTuber Waqar Khan earlier this year: https://www.youtube.com/watch?v=xxfI6-ZltWk via https://m.weibo.cn/detail/4372647233761462

RAZR 4は横フリップ式の折り畳みスマートフォンが多い中、元来の縦フリップを採用。物理的なキーボードは搭載しない全面ディスプレイデザインです。他社との違いは折り畳み方だけではなく、RAZRのモチーフともいえるサブディスプレイの採用。解像度は600×800Pixel程度となり、通知や時間の確認用途としての利用が予想されます。動画を見る限り、通知はアイコン表示だけではなく、内容も表示されるみたいです。これは便利。

メインディスプレイは有機ELを採用し、ディスプレイサイズは開いた状態で6.2インチ。他社は開くとタブレットサイズになるので、この辺りも持ち運びを重視することで差別化を測っています。SocはSnapdragon 710とミドルレンジのものが採用され、メモリも4GBから用意。バッテリーは経常的に大容量が難しいのか、2730mAhと小さめになっています。このスペックであれば、折り畳みスマホで5万円台といったことも可能かもしれません。逆にそれより高くなると、いくら魅力的なデザインとは言え少々厳しそう。

見た目と機能性は最高なだけに、是非手の届く価格で早めにリリースしてください!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.