Oppo Realmeが『Realme X』で中国初参入!マジでダサい『タマネギ』『ニンニク』モデルも同時リリース!

Pocket
Facebook にシェア

Oppoのサブブランドである『Realme』が、『Realme X』のリリースと共に中国市場に初参入しました。

Realme Xはポップアップカメラを採用した全面ディスプレイデザインで、『ニンニクモデル』と『タマネギモデル』という謎のコンセプトを持った限定モデルも登場します。なぜニンニクとタマネギなのか謎過ぎる。

ポップアップカメラと有機ELを採用した6.53インチのミッドレンジはかなり希少

ディスプレイサイズは6.53インチと大き目で、解像度はフルHD+。ポップアップフロントカメラを採用しているので、当然ノッチもパンチホールもありません。そして忘れてはいけないのが、有機ELです。LCDではありません。有機ELを採用しているミッドレンジはとても貴重なので、探している人は候補の一つに入れておいた方が良いでしょう。

メモリーは4GB~8GBを選択でき、ストレージも64GB~128GBが用意されています。しかしやや残念なのは、『Realme X Lite』という下位モデルが存在するのに、Socは下位モデルと同じSnapdragon 710。

Oppo Realme X Lite はスナドラ710搭載で19000円!コスパではXiaomiを超えたかも!?

続きを見る

710自体スコアも高くAI能力に優れる優れたSocですが、現在上位モデルとなるSnapdragon 730がリリースされてしまっているので、どうせならLiteと差別化するためにそっちを搭載して欲しかった!いや、差別化するなら855を・・・。

最新のSnapdragon 730を搭載するミッドレンジモデルはこちら

Xiaomi Mi A3はSnapdragon 730。ミッドレンジではじめてAntutu20万越えしたSoc搭載だ!

続きを見る

Lenovo Z6 Youth Editionもスナドラ730搭載!ミッドレンジで戦いが勃発だ!

続きを見る

カメラは最近のトレンドらしく4800万画素の超高解像度に対応。メインレンズはF値1.7と非常に明るいレンズが使われていてナイス。セカンドカメラはF値2.4で500万画素と汎用的なミッドレンジ仕様といった感じ。ポップアップ式のフロントカメラは1600万画素でF値は2.0です。

電池容量はOppoにしては少し少な目?な3,765mAh。電力効率の高いSocが使われているのとディスプレイは有機ELなので、他のミッドレンジと比較して電池の持ちは逆に良いかもしれません。Realme自体電池持ちが良いブランドといったイメージですし。独自充電規格の『VOOC 3.0 (MAX 20)』もサポートするので充電スピードは驚速です。

買いやすいミッドレンジ価格。最上位スペックで3万切りは魅力的。

4GB/64GBモデル 24,000円程度

6GB/64GBモデル 25,500円程度

8GB/128GBモデル 28,500円程度

一般的なミッドレンジ向けの価格設定といった感じですね。質感も良さそうなので女性受けしそうなイメージ。

Realme Xは結局買いなのか?

ポップアップカメラを採用した6.53インチの全面ディスプレイでしかも有機EL。そして価格が2万円台前半からいうのはかなりコスパが高いのではないでしょうか。

SocはフラッグシップモデルではないのでSnapdragon710と抑えめですが、ハイミッドレンジ向けのものなので動作がもたつくといったことは無いでしょう。最新の730がリリースされたことでコストを落とすことが出来たのかもしれません。そういった意味では逆にアリなのかも?

カラーはパールっぽいホワイトがとってもオシャレですね。女性ならずとも買ってみたくなる美しさ。

 

マジでいらない『タマネギモデル』と『ニンニクモデル』は日本の『深澤直人』作

そして冒頭で述べた通り、 『Realme X』には『タマネギモデル』と『ニンニクモデル』が存在します。名前からしてダセええええええ。絶対いらねえええええ。このくそダサモデルをデザインしたのがなんと日本のデザイナー『深澤直人』氏。日本のイメージも悪くなりますね。動画では、とても真剣に両モデルをデザインしたコンセプトについて述べています。

Realme X: Garlic Onion Edition by Naoto Fukasawa

Source: https://www.realme.com/realme-x-master

素晴らしいコンセプトを提唱していても、やはり全く欲しいとは思いません。タマネギやニンニクの上質さを表現するために、72回のグラデーションテストと300回以上のサンプル作成を行ったそうです。もはやギャグか!その時間を他の製品を開発しろ!

背面にはrealmeのロゴと共に深澤直人のサインが記されています。正直どうでも良い・・・ちなみに壁紙もタマネギモデル専用のものが用意されているみたいですね。Xiaomiの純金モデルもそうですけど、こっち系のコンセプト本当理解できんわあ。

XiaomiがMi 9の純金モデルをリリース予定!とにかくダサいがっかりデザインに絶句

Xiaomiがリリースして最も売れているフラッグシップモデルの一つ『Mi 9』。そのMi 9に限定モデルが誕生します。

続きを見る

限定モデルの価格は通常モデルよりやや高めの3万円程度。基本スペックは通常モデルの最上位スペックと同じで8GB/128GB。絶対に買いません。

ちなみにOppoはかなり魅力的な『ガンダムモデル』もリリース予定。こっちは全然アリだと思います。

OPPO Renoにガンダムモデルが登場!発売と同時に売り切れる予感

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.