サヨナラ『Android』、ハジメマシテ『ARK OS』がめちゃくちゃ現実的だった

Pocket

朝からSNSやメディアには一面『Huawei』の文字。ついに事態は動き出しました。

アメリカが『今後Huaweiにサービス提供することを禁止する』という声明を発表し、それに準じてAndroid OSを提供しているGoogleとHuaweiの関係が引き裂かれました。これには日本中というか、世界中が大騒ぎに。

今後新しく出るHuawei端末ではGoogle Playが使えなくなる

Googleが開発用途で世界中に提供しているAndroid Open Source Project(AOSP)はこれまで通り使えますが、ライセンス契約が必要なGoogle PlayやGメールといったサービスの利用許可が今後Huaweiにはおりないことに。

マーケットが使えなくなるということは、つまり実質的に日本国内では、アメリカが規制をとかない限り、Huaweiのニューモデルは発売されなくなる可能性が非常に高い。と、思っていました。

中国では元々Google Playが使われていない

しかしこれだけ世界に衝撃が走っているにも関わらず、当のHuaweiはあまり食らってる感が無いのです。直近の代表者へのインタビューでも、現状への回答は『成長が少し遅くなるかも?』程度のもの。緩い!!

全く食らってないということはまああり得無いのですが、中国国内で絶対的なシェアを持つHuawei。その中国において、すでにGoogle Playは利用されておらず、自前の『AppGallery』がメインに。中国ではAmazonが使われずAlibaba。これと同じ構図ですね。

すでにHuaweiのアプリストアはGoogleを超えていた

また、独自ストア『AppGallery』が急成長。2018年上半期のダウンロード数は1200億。次いでGoogleが360億。最後にAppleのApp Storeが160億となっています。何これ圧倒的じゃねえか・・・。

現在HuaweiのOSは、AndroidをベースとしたEMUI。これには前述したオープンソースが使われているので今後も恐らく支障はきたさないでしょう。

Huaweiの独自OS『ARK OS』はすでに開発済みとのこと。残るはアプリとの紐付けと、マーケットのセキュリティ向上。そしてGoogle純正アの代替えアプリをしっかり用意する事ですね。

すでにGoogleの力など必要無くなっていた?

もしかして、GoogleがHuaweiに三行半をつきつけた感じになってますけど、もうとっくに水面下で両社の関係は終わっていたのでは。というかHuaweiのアプリマーケットシェアがここまで拡大していたことを知りませんでした。Fire OSなんかとはもはや比較になりません。

これはもう第3のOS誕生間近。さようならAndroid。ようこそARK OS。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.