OPPO K3は競合のミッドレンジを破壊すべく巨神兵となる

Pocket

OPPOが5月23日に新たなミッドレンジ『OPPO K3』をリリースします。

OPPO K3はライバルのRedmi NoteやHuaweiのNovaシリーズを意識したガチンコモデル。攻撃的なデザインのイメージポスターからも戦う姿勢が感じられます!よく見るとラピュタの巨神兵(正確にはロボット兵でした😋)か!?

高耐久なポップアップカメラに解除速度が上昇したディスプレイ内指紋認証搭載!もちろん有機ELディスプレイ。Socもバージョンアップ

OPPO K3はミッドレンジモデルながら20万回以上の耐久テストをクリアしたポップアップカメラを搭載。さらにディスプレイ内指紋認証も備えます。ディスプレイ内指紋認証ということは、つまり今のところ有機ELディスプレイを採用していることが分かります。ディスプレイサイズは6.53インチ。

Kシリーズだけあって、先日記事にしたK1にスペックが似てますね。

『有機EL』に『ディスプレイ内認証』を搭載したスマホが2万切った!!

続きを見る

K1との大きな違いはSocです。Snapdragon660から710へとアップデート。660に物足りなさを感じてた人にはまさにベストな選択肢。さらに指紋認証の解除速度は28.5%上昇したとのこと。時は金なり!ロックの解除速度も金なり!

ゲームブースト機能がスマホゲーマーの要望にもしっかり応えます

さらにOPPO K3はゲームブースト機能(OPPOが独自開発したGame Boost 2.0)を搭載。Honor of Kingsをプレイした場合、安定性は35.6%上昇します。さらにタッチパフォーマンスも16.2%上昇。タッチパフォーマンスも上昇ってすごくないですか?Snapdragon710の高い処理能力も含め、これはゲーム用途でも買いですね。

メモリーとストレージ容量は完全にフラッグシップモデル!基本スペックが無駄に高い

OPPO K3はミッドレンジモデルながらメモリー8GBにストレージは256GB。ここまでメモリーとストレージを高容量にしたミッドレンジモデル、他に無いのでは?ていうかミッドレンジでここまで要らなくね?というのが正直な感想です。

バッテリーは3,765mAhで充電時間を25%短縮する独自規格の急速充電にも対応。カメラはAI機能を備えた1600万画素のデュアルレンズ仕様。このあたりは可もなく不可もなくといった感じ。

価格がまだ隠された状態ですが、高くても2万円台前半でしょう。それくらいの価格じゃないと他社のミッドレンジを破壊することは出来ません!どうせだったら2万切ってくれ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.