Huawei独自OSはAndroidと互換性ありでリリース間近!これはいけるぞ!

Pocket
Facebook にシェア

今週というか、ハイテク業界において当面で最も大きなニュースとなるであろう、トランプ政権主導によるGoogleがHuaweiに行ったAndroidライセンス剥奪問題。当たり前の事ながら市場はまだ安定を取り戻していません。

このニュースが発表されたあと、多くの人がHuaweiは今後、Androidのオープンソース(誰でも使えるOS開発単体のソース。Google PlayやGメールといったサービスは含まない)を使ってこれまで通りOSを構築(EMUIはAndroidベース)すると考えていました。しかしGoogleが著作権を持つGoogle PlayやGメールといったサービスは使えなくなるので、これまで通りにはいきません。

Huawei独自OSはスマートフォン以外の様々な環境に対応

Huaweiは2012年から自社のOS開発に取り組んでいます(Kirin OSではなくホンメン?)。Huawei Consumer Business GroupのCEOであるRichard Yu氏によると、それはスマートフォンに限らず『パソコン』『車』『ウェアラブル』『テレビ』といった様々な環境で動作。

Huawei独自OSはAndroidとの互換性あり

しかもここからがかなり重要で、このOSはAndroidアプリケーションと互換性があり、さらにパフォーマンスを上げる為にコンパイルも可能。これ、まじでイケると思います。

GalaxyのTizenは独自OS開発に失敗しました。これは、Androidとの互換性が無かったことにより、サードパーティが行うアプリの開発に負荷がかかりすぎたことが原因とされています。HuaweiのOSとは根本からして違ったということです。

Huawei独自OSはすでにリリース段階に

Huaweiはすでに独自OSのリリース準備をすすめており、中国国内ですでにテストを行う段階にまで到達しています。

Androidアプリとの連携がスムーズと分かった今、これは期待せずにはいれません。独自のアプリストア『App Gallery』ではすでにGoogle Playを上回るシェアを獲得。

これは今年中にとんでもない事が起こりそうです。一番食らうのは間違いなくGoogleですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.