OnePlus 7Proユーザーに悲報。光学ズーム倍率『3倍』はウソだった

更新日:

Pocket

完璧なフラッグシップモデルと思われた『OenPlus 7Pro』に悲報です。

本当の光学ズーム倍率はまさかの2.2倍

OnePlus 7Proの光学ズームは『3』倍と公表されています。しかしそれが実際は『2.2倍』だというのです。ズームの倍率に優先順位を持って購入した人からすると、これは中々のダメージ。2倍光学ズームを搭載した端末は珍しく無いですからね。

理論上であれば10倍ズームだって可能

OnePlus 7Proのとったやり方は、広角で撮ったものをトリミングするというもの。それ・・・焦点距離も変わるしやったらあかんやつやろ!

理論としては、1300万画素で撮影したものをトリミングし、解像度は800万画素まで低下するけどズーム倍率は3倍と同等になるという計算。この理論、いくらでも倍率を高める事ができてしまいますし、光学ズームのスペックとして表記するのは絶対にあかんでしょう。

OnePlus 5の時に同じ事をしていた

OnePlusは過去に1.6倍光学ズームを2倍として販売した前科あり。同じ事をまたやったとなると、信頼を落とすのは間違いなし。なぜ懲りんのでしょうね・・・残念です。

ウソの光学ズームはこうやってバレた

1.同じレンズを使っているのに解像度が違う

OnePlus 7Proのズームレンズはポートレートモードにも使われています(redditにレンズを隠し、実際に検証した記事アリ)。つまりポートレートモードと光学ズームの解像度は本来同じになる筈。しかしポートレートモードの解像度が4160 x 3120なのにも関わらず、ズームレンズの解像度は3456×2304。オヤオヤ?

2.同じレンズを使っているのに焦点距離が違う

前述した通りポートレートモードはズームレンズで行われています。光学ズームの倍率を上げズームレンズに切り替わると、ポートレートモード撮影時と焦点距離が同じになるのが正しい原理。しかし実際はこうです。

ポートレートモード

2.2倍光学ズーム時

3倍光学ズーム時

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.