アメリカの制裁後、売り上げをさらに伸ばしている化け物『Huawei』

投稿日:

Pocket

アメリカ政府がHuaweiを『禁輸リスト』に追加して以来、Huaweiにとっては悪いニュースのオンパレード。『AMD』『ARM』『Google』『Intel』『Qualcomm』といった主力企業がすでに取引を停止しています。

普通にニュースを見ている人達は『これは完全に潰れるな』と思っていることでしょう。

しかし化け物『Huawei』の現状は大きく違っています。

アメリカの制裁がスタートしたあと、『Tmall』においてHuawei端末の売り上げが激増。ちなみにTmallは中国内のECサイトで、BtoCのシェアは国内No.1。運営しているのはAlibabaグループです。

どれだけ売り上げが伸びたかというと、5月18日~20日という短い期間でHuawei端末の出荷量は130%増加。Tmall内でのフォロワー数は1000万人を超えました。Huaweiは1000フォロワー達成を祝してプロモーションを開催。

Huawei製品を購入した人たちに向けてギフトボックスを用意しました。そしてそこからさらに売り上げが伸びるカタチに。

アメリカの制裁により国内での売り上げが激増。主要な生産体制も海外から国内もしくは近圏にどんどんシフトし、景気活性化にも寄与。これって中国のGDP押し上げにつながっているのでは・・・。

爆薬をカンフル剤に替えている可能性がある恐ろしい状況。まさにHuaweiは化け物です。

合わせて読み多い関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.