アメリカの制裁後、売り上げをさらに伸ばしている化け物『Huawei』

Pocket

アメリカ政府がHuaweiを『禁輸リスト』に追加して以来、Huaweiにとっては悪いニュースのオンパレード。『AMD』『ARM』『Google』『Intel』『Qualcomm』といった主力企業がすでに取引を停止しています。

普通にニュースを見ている人達は『これは完全に潰れるな』と思っていることでしょう。

しかし化け物『Huawei』の現状は大きく違っています。

アメリカの制裁がスタートしたあと、『Tmall』においてHuawei端末の売り上げが激増。ちなみにTmallは中国内のECサイトで、BtoCのシェアは国内No.1。運営しているのはAlibabaグループです。

どれだけ売り上げが伸びたかというと、5月18日~20日という短い期間でHuawei端末の出荷量は130%増加。Tmall内でのフォロワー数は1000万人を超えました。Huaweiは1000フォロワー達成を祝してプロモーションを開催。

Huawei製品を購入した人たちに向けてギフトボックスを用意しました。そしてそこからさらに売り上げが伸びるカタチに。

アメリカの制裁により国内での売り上げが激増。主要な生産体制も海外から国内もしくは近圏にどんどんシフトし、景気活性化にも寄与。これって中国のGDP押し上げにつながっているのでは・・・。

爆薬をカンフル剤に替えている可能性がある恐ろしい状況。まさにHuaweiは化け物です。

合わせて読み多い関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.