ペットのしつけに最適なペットトレーニングマットが留守中も大切な家具を守ってくれる

Pocket

家の中でペットを飼う人が増えています。しかし家の中でペットを飼うことは、家具を破壊されるのを許容することにもつながります。

革製のソファで猫が爪を研いでいる(研いでた訳ではないのか)現場を目撃したこともあり、無邪気だからとは言え、中々ペットを飼うのは大変なんだなと思わされた事が。

一緒にいる時は大声で注意すればよいですが、問題は留守の時です。ペット達は自由に解き放たれるのです。とても危険・・・。だからと言って外出の度にゲージに入れておくのもかわいそう。

そこで登場したのがペット仕付け用の『ペットトレーニングマット』です。

ペットトレーニングマットを守りたい家具の上、または近くに置くことで、その場所は良くない場所だということをペットに教えてくれます。教える方法は『ビープ音』と『微電流』の2通り。2つのモードを組み合わせることも可能です。

『微電流なんてかわいそう!』という人はビープ音だけにすれば良いと思いますが、音には慣れてしまうので、ちょっとだけびっくりさせる事も『しつけ』には必要かもしれません。ペットからしても、いつも怒鳴られるよりマシかも?

見上げてる姿かわいいなおい。

また、微電流の強さは3段階に調整できるので、衝撃の度合いもコントロールできます。

10秒経過するとマットが自動的にオフになるので、微電流が流れ過ぎるといった心配もありません。逆に10秒間のマッサージ状態になっちゃったりして・・・

ペット用の部屋が用意されていたり、家具の劣化もペットと共に愛せるといった人には不要のアイテムですが、もし破壊されることに困り果てているようであれば、こういったものもあると知っていただけたら!しつけがちゃんとされれば、ペットとの生活がさらに楽しくなるかもしれません。

ペットトレーニングマットは価格が5,000円以内と安価なこともあり、海外ではすでに大ヒット商品です。Amazon.comは日本発送にも対応しているので、送料はちょっと高目ですけど、本当に困っている場合は買ってみるのもありかも?

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

MediaTekが6nmのDimensity 1200/1000をリリース!Realmeが搭載モデルのリリースを告知!

昨年QualcommからSocの世界シェア第1位を奪還したMediaTekが、最新モデル『Dimensity 1200』『Dimensity 1100』をリリースしました。両モデルはこれまでMedia ...

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.