ペットのしつけに最適なペットトレーニングマットが留守中も大切な家具を守ってくれる

投稿日:

Pocket

家の中でペットを飼う人が増えています。しかし家の中でペットを飼うことは、家具を破壊されるのを許容することにもつながります。

革製のソファで猫が爪を研いでいる(研いでた訳ではないのか)現場を目撃したこともあり、無邪気だからとは言え、中々ペットを飼うのは大変なんだなと思わされた事が。

一緒にいる時は大声で注意すればよいですが、問題は留守の時です。ペット達は自由に解き放たれるのです。とても危険・・・。だからと言って外出の度にゲージに入れておくのもかわいそう。

そこで登場したのがペット仕付け用の『ペットトレーニングマット』です。

ペットトレーニングマットを守りたい家具の上、または近くに置くことで、その場所は良くない場所だということをペットに教えてくれます。教える方法は『ビープ音』と『微電流』の2通り。2つのモードを組み合わせることも可能です。

『微電流なんてかわいそう!』という人はビープ音だけにすれば良いと思いますが、音には慣れてしまうので、ちょっとだけびっくりさせる事も『しつけ』には必要かもしれません。ペットからしても、いつも怒鳴られるよりマシかも?

見上げてる姿かわいいなおい。

また、微電流の強さは3段階に調整できるので、衝撃の度合いもコントロールできます。

10秒経過するとマットが自動的にオフになるので、微電流が流れ過ぎるといった心配もありません。逆に10秒間のマッサージ状態になっちゃったりして・・・

ペット用の部屋が用意されていたり、家具の劣化もペットと共に愛せるといった人には不要のアイテムですが、もし破壊されることに困り果てているようであれば、こういったものもあると知っていただけたら!しつけがちゃんとされれば、ペットとの生活がさらに楽しくなるかもしれません。

ペットトレーニングマットは価格が5,000円以内と安価なこともあり、海外ではすでに大ヒット商品です。Amazon.comは日本発送にも対応しているので、送料はちょっと高目ですけど、本当に困っている場合は買ってみるのもありかも?

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.