Samsung GM1センサーを搭載した『Redmi Note 7』で色々撮ってみた

Pocket

Xiaomi Redmi Note 7は、カメラを目的に安くスマートフォンを探している人には、最もオススメしたいモデルの一台です。その理由としては、センサーにSamsung のGM1を搭載しているからです。

最も、センサーだけで良い写真が撮れるという訳ではありません。レンズやカメラに関するシステムがしっかりしていないと無理。あとは当然写真を撮る腕も・・・。

私は実際にXiaomi Redmi Note 7で写真を撮ってみて、やはりXiaomi Redmi Note 7のカメラスペックは非常に高いと実感しました。だからこそ、オススメしたいカメラコストパフォーマンス抜群のXiaomi Redmi Note 7。撮って出しのサンプルをご覧ください!

Xiaomi Redmi Note 7で撮影した写真たち(ある程度圧縮かかってます)

撮影カテゴリー:花のある風景

色がわざとらしくなりがちな原色系の花も、自然に、やや控えめな感じで綺麗に撮れています。このあたりはRedmi Note 7というよりXiaomiのAIが優秀だからかもしれません。写真を撮る時のAI機能の差、GoogleのPixelがメインとして打ち出すくらいですから、それだけ大切な要素だということ。AppleもAIに注力しまくってるのはそういった事情を含めての事でしょう。

白飛びして輪郭が分かりづらくなってしまうこの類の花ですが、細かい花びら1枚1枚までしっかりと認識できています。葉っぱの部分は上の写真を見ても少し青が強い印象。

 

撮影カテゴリー:揺れる水面

風で少しだけ水面が揺れている状況です。光が当たっている部分が白くなり波紋を出すのが難しい描写ですが、なんとか捕えている感じです。

 

撮影カテゴリー:夕暮れ~夜景

AIモードで撮影しているのですが、若干ハレーション起こしたり白飛びしているところがありますね。この辺りは設定や撮り方を変えることで修正できるような気がします。色調が全体的にHDRっぽくなり、個人的にはかなり好きな雰囲気に。

搭載されているIMX 586の力をフルに発揮できるのが、この夕暮れ~夜景時の撮影。実際に中々の仕上がりだったので是非ご覧ください!

原色系のライトアップもどぎつい感じにならず、光量もほど良い感じ。

この時間帯の空色はとても難しい色をしてるんですけど、青が強く出過ぎずあっさりとした雰囲気に仕上がっています。全体的に強めの色調が強い中、Xiaomiに端末にしては珍しい1枚。

若干ハレーション起こしたり白飛びしたりしているところがありますね。

電球一つ一つの光の捉え方がとても難しいシチュエーション。恐らくこれ以上暗くとると全体的に暗い写真になってしまうのでギリギリのところか。

ここはスポットが良すぎるので普通に撮れば誰でも良い写真になるとは思うんですけど、SHAKE SHACKのライトアップ、芝生や地面のディティールなんかが撮るスマホによって大分変ってくると思います。今度XiaomiのMi 9でも試し撮りしたいですね!

この写真を撮った時に、ミッドレンジなのに何かスゲーなと思いました。掲載している画像はやや圧縮率強めになってますけど、実際の画像はもう少しディティールがはっきりしていて鮮やか。フラッグシップモデルのカメラで撮ったと言われても信じてしまうレベル。

HDRっぽい色調で老舗の雰囲気がうまく表現できていると思います。欲を言えば光ってる看板のライトがもう少し控えめであってほしかったか。

明るい場所から暗い場所へ、明暗がかなりハッキリとした写真。暗がりに向かって徐々にボケているので、明るい部分がより引き立ってみえます。ディティールもはっきり目。

ウォーターマークを入れると補正が出来ないので、写真の下手さがモロにばれます。それを物語っているがこの1枚。全体的にディティールが甘くなっているような気がしますが、ここでキツメにすると全体的にザラザラな写真になってしまうような。AIが微調整してこうなっているということなのか。

 

撮影カテゴリー:食べ物

AIモードが搭載されてから、まずそうに写ってるのを見る機会が減ったような気がするのですが・・・。作例がまだ1枚しかないので撮ったら足していこうと思います。

この醤油ラーメンの色合いは、スマホメーカー各社で表現が大分変ってきそうな気がしています。赤と黄色の調整ともいうべきか。どっちかが強すぎると大分イメージが変わってしまいます。この写真を見て、私はラーメンが食べたくなります!食べ物の写真の判断ってその程度で良いのかなと。

ちなみに同じスポットの写真が多い、Redmi Note 7の下位モデルとなる『Redmi 7』の撮影レポートもあります。良かったら是非!

Xiaomi Redmi 7で撮る新宿の夕暮れ時。

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
Leitz Phone 1
Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受 ...

3年待ち!Xiaomi Mi Pad 5らしきタブがヨーロッパの認証機関を通過。ついにグローバルモデルの登場か!

これまで何度となくリリースの噂が出ていたXiaomiの最新タブレットMi Pad 5。しかし未だに実機が姿を見せた事はありません。前モデルとなるMi Pad 4が登場したのは2018年6月。すでに3年 ...

キャンプスマホ
キャンプに持っていきたい高耐久スマホ!Motorola Defy 2021らしき画像とスペックがリーク!

信用度の高い情報提供者Evan Blassが、Motorolaの最新高耐久型スマートフォンMotorola Defy 2021(仮名)に関する画像及びスペックをリークしました。 Motorola De ...

OnePlusがOPPOとのさらなる統合を発表。リソースの共有により品質の向上、安定化、より速いアップデートを目指す!

2021年1月、OnePlusは研究開発(R&D)部門をOPPOと統合する事を発表。元々OnePlusはOPPOから派生した企業になるので不自然な流れではありません。 そして6月16日、One ...

ファントムホワイト
Galaxy Buds Proに白バージョンが出るかも?海外公式サイトにファントムホワイトの画像が追加!

Samsungより Samsungは2021年のはじめにGalaxy Buds Proをリリースしました。カラー展開はファントムブラック、ファントムシルバー、ファントムバイオレットの3色。 Samsu ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, カメラ, カメラネタ, スマホ実機レビュー, スマートフォン, 総合レビュー
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信